鎌倉版 掲載号:2021年10月15日号 エリアトップへ

ジャベリックスローで全国へ 陸上・中務史也さん(大船中)

スポーツ

掲載号:2021年10月15日号

  • LINE
  • hatena
ターボジャブを手にする中務さん=大船中
ターボジャブを手にする中務さん=大船中

 「JOCジュニアオリンピックカップ/U16陸上競技大会」(10月22日〜24日、愛媛県)に、大船中学校3年の中(なか)務(つかさ)史也さんが出場する。今年8月に出場した県代表選手選考会で、ジャベリックスローで自己新の52・10mを記録し優勝。初の全国大会で決勝進出を目指す。

 ジャベリックスローは、やり投げに似た競技で、ターボジャブという羽根つき投てき物を投げて、飛距離を競う種目。中学生のジュニアオリンピックで正式種目として実施されている。

 中務さんは110mハードルなど短距離が専門。今回は野球の経験を生かして、ジャベリックスローでエントリーした。本格的に練習したのは大会1週間前。1、2年生の時も数えるほどしか経験がなかった。

 それまでの自己記録は42mほど。全国出場どころか、選考会で決勝に残れるかギリギリの記録だった。「体の使い方、力の入れ方などを工夫して」挑んだ選考会では、自己新を連発。決勝では参加者の中で唯一50m台を記録し、全国大会への出場を決めた。

 中務さんは中学生野球チームの横浜泉中央ボーイズにも所属し、今年の夏には全国大会に出場した。「2回戦で負けてしまったが、ヒットを打つこともでき、とてもいい経験ができた」と話す。「選考会本番に結果を残せたのも、野球で全国大会の経験があったから。緊張せずに挑めた」と振り返る。

 ジュニアオリンピックには各都道府県代表の42人が出場する。ベスト8による決勝進出が目標だ。緊急事態宣言が解除され、本格的な練習は10月から。「65m前後の記録を残さないと目標達成は難しい。自己新よりあと10m以上あるが、姉がハンマー投げの現役選手なので、フォームを見直し、下半身の動きなどをチェックしてもらい、記録を更新したい」と目を輝かせる。

練習する中務さん
練習する中務さん

鎌倉版のトップニュース最新6

大河ドラマ館が3月開設

大河ドラマ館が3月開設 文化

鶴岡八幡宮内の文華館に

11月26日号

住民署名「交番残して」

山ノ内地区

住民署名「交番残して」 社会

廃止反対訴え議会へ陳情

11月26日号

ジェラートの世界大会へ

ジェラートの世界大会へ 文化

御成町のSANTi

11月19日号

大賞に松田君、塩田さん

大賞に松田君、塩田さん 教育

774点応募「こども文学賞」

11月19日号

清泉女学院が中高W金賞

清泉女学院が中高W金賞 教育

全日本合唱コンクール

11月12日号

市民栄誉表彰に伊藤槙紀さん

市民栄誉表彰に伊藤槙紀さん 文化

東京パラ卓球で銅

11月12日号

あっとほーむデスク

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook