鎌倉版 掲載号:2021年10月22日号 エリアトップへ

左官業組合 児童と老朽トイレ改修 腰越小で職業体験

教育

掲載号:2021年10月22日号

  • LINE
  • hatena
完成したトイレと作業した組合員
完成したトイレと作業した組合員

 「子どもたちに、左官の仕事を知ってほしい」と鎌倉左官業組合(馬瀬和晃組合長)が1カ月以上かけて行ってきた腰越小学校のトイレ改修が10月14日、完成した。最終日は児童も参加し、漆喰を壁に塗る体験をした。

 完成させたのは、腰越小グラウンドにあるトイレ。きっかけは、児童が行う職業体験のための打ち合わせから。同組合では中学生対象の職業体験は行ってきたが、小学生は今回が初めて。中学と同様に座学1時間、塗装体験1時間程度の職業体験と考えていた組合に対し、同小学校から「老朽化したトイレの外壁を子どもたちと一緒に塗り替えてほしい」と提案があった。

 馬瀬組合長は「簡単な作業ではないので断ろうと思ったが、組合員らと話し合い、子どもたちに左官の仕事を知ってもらい、将来、左官を目指す子が誕生すれば」という思いで引き受けた。

 作業は9月から毎週日曜日に組合員が集まり、古い外壁を剥がしたり、下地作りなどを行った。「古い壁の上に新たに塗っても、すぐにダメになってしまう。塗装する下地の下にも強化材などを入れて、今まで以上に丈夫になったのでは」と同組合。作業は組合員3〜5人が順番で参加し、1カ月以上かかった。「予算もないので、塗料メーカーにもお願いして、材料を提供してもらった。子どもたちに、『大人もがんばってるんだぞ』と分かってもらえればね」と馬瀬組合長。

 児童たちも、9月から準備を開始。腰越らしく、江の島と江ノ電をモチーフにした外壁のデザインを完成させた。

 14日の塗装体験では、児童たちは組合員の指導を受けながら色とりどりの漆喰を塗っていった。最初はコテとコテ板の使い方に悪戦苦闘していた児童も、次第にコツをつかみ、手際よく作業できるように。組合員たちも「上手いものだね。すぐに親方になれるよ」と笑ってアドバイス。6年生の岩山千草さんは「大変だったけど、うまくできたと思う。絵を描くのが好きなので楽しかった」と話した。

 腰越小の杉並伸也校長は「組合員の皆さんに感謝しかない。子どもたちには大人に支えてもらっているとわかってもらえれば。成人式では、みんなでここに集って懐かしんでもらえれば」と語った。

▶作業前のトイレ。屋根まわりも改修した
▶作業前のトイレ。屋根まわりも改修した
児童と一緒に作業
児童と一緒に作業

鎌倉版のトップニュース最新6

「キセキの動画」公開

青年会議所

「キセキの動画」公開 社会

22組のピアノ演奏つなぐ

12月3日号

先輩の思いと共に全国へ

鎌女大中・高マーチング部

先輩の思いと共に全国へ 教育

33回目の金賞目指す

12月3日号

大河ドラマ館が3月開設

大河ドラマ館が3月開設 文化

鶴岡八幡宮内の文華館に

11月26日号

住民署名「交番残して」

山ノ内地区

住民署名「交番残して」 社会

廃止反対訴え議会へ陳情

11月26日号

ジェラートの世界大会へ

ジェラートの世界大会へ 文化

御成町のSANTi

11月19日号

大賞に松田君、塩田さん

大賞に松田君、塩田さん 教育

774点応募「こども文学賞」

11月19日号

あっとほーむデスク

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook