鎌倉版 掲載号:2021年11月19日号 エリアトップへ

白蓮会館・湘南鎌倉支部 「カラテ甲子園」へ最多9人 大会前に市長表敬

スポーツ

掲載号:2021年11月19日号

  • LINE
  • hatena
松尾市長(後列中央)を訪れた選手たち=9日・市役所
松尾市長(後列中央)を訪れた選手たち=9日・市役所

 市内腰越を拠点とする白蓮会館湘南鎌倉支部の選手たちが、カラテ甲子園とも称される「第15回JKJO全日本ジュニア空手道選手権大会」を前に11月11日、松尾崇市長を表敬訪問した。

 白蓮会館湘南鎌倉支部では、今春から秋にかけて実施された関東地区予選などを9人が突破し、11月23日(火・祝)に大阪で開催される全日本大会の出場権を獲得。清水怜央選手(金井高1年)と石原翔選手(片瀬中1年)を除き、野見山嘉瞳(かどう)(栄光学園中2年)・然宇(さりゅう)(七里ガ浜小3年)兄弟、樋本涼(手広中2年)・楓(深沢小4年)兄妹、波木井春陽選手(腰越小4年)、泉心選手(西鎌倉小3年)、佐藤絆太選手(西鎌倉小3年)の7人が市役所を訪れた。

 同席した湘南鎌倉支部の野見山剛師範(49)は松尾市長に対し、コロナ禍で練習も制限された中で過去最多の9人が全国大会出場を決めたことを報告。松尾市長は「切符を掴むまで大変だったと思うけれど、おめでとうございます」と選手たちを称えた。

道場閉鎖、大会中止苦境を乗り越え飛躍

 同支部ではコロナ前は全員揃って稽古していたが、コロナ下では練習拠点が閉鎖したり、大会も中止になったりと思うように競技に打ち込めず。それでも各々が自宅で練習を続け、全国の扉をこじ開けた。樋本兄妹は「兄妹で全国に出るのが夢だった。1番になりたい」と話し、野見山嘉瞳選手も「優勝を狙う」と力強く語った。

鎌倉版のローカルニュース最新6

落語で防犯呼びかけ

落語で防犯呼びかけ 社会

大船警察署員が自作口演

12月3日号

12人と2団体を納税表彰

鎌倉税務署

12人と2団体を納税表彰 社会

作文・標語も受賞者決まる

12月3日号

オンラインで共生サミット

オンラインで共生サミット 社会

鎌倉の取り組みなど共有

12月3日号

作曲家が語るバッハ

作曲家が語るバッハ 文化

6日応募締め切り

12月3日号

破魔矢作りが佳境

破魔矢作りが佳境 文化

鶴岡八幡宮

12月3日号

大河仕様のタクシー登場

大河仕様のタクシー登場 経済

KGグループが45台用意

12月3日号

あっとほーむデスク

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook