鎌倉版 掲載号:2022年1月21日号 エリアトップへ

材木座公会堂 改修工事し文化財保存 100年先を見据え

社会

掲載号:2022年1月21日号

  • LINE
  • hatena
西側に面した入口。入母屋造の屋根が特徴=同会提供
西側に面した入口。入母屋造の屋根が特徴=同会提供

 国の登録有形文化財に指定されている「材木座公会堂」で、耐震補強のための大規模改修工事の準備が進んでいる。昨年末に実施設計が完了し、今年2月に施工業者を決定する予定。工事は6月から12月までの見込み。

 材木座地区の11自治会で構成する(一社)材木座自治連合会(渡辺英昭会長)が所有管理する材木座公会堂。1918(大正7)年に町民や別荘地の住民らの寄付で建築された集会所兼防災施設。木造2階建で入母屋造の金属板葺。97年ごろに改修が行われたが、柱も梁も当時のままの部材が今でも使われている。

 同会では公会堂の老朽化や耐震性、使い勝手・コミュニティー機能などの課題が指摘されはじめたことから、6年ほど前に建て替えプロジェクトチームを発足。しかし、敷地が津波浸水想定区域であることや、建築法規制で2階までしか建設できないことなどが判明。専門家による耐震性予備調査でも、堅牢な建築であり、すぐに使用を停止する必要はないものの、「震度6程度の地震で倒壊の恐れがある」と指摘を受けたことから、建て替えから大規模改修へと方針を変更した。

今の姿を残し改修

 設計によると、2階を支える四隅の通し柱を中心に補強を計画。現在は4本の通し柱とも敷石の上に乗っている状況で、工事では鉄筋コンクリートの基礎を設け、柱部分も添え柱を補強する。また南側に面している2階窓の面積を縮小して、台風などの風に対する補強も行う。

 ほかに現在1つしかないトイレを2カ所にし、バリアフリー入口も新設する見込み。

 大規模改修のプロジェクトリーダーを務める小野健次郎さんは「関東大震災でも壊れなかった公会堂。これからの100年のために、当時の技術や住民の思いを残せれば」と話している。

 工事費用は2600万円を想定し、国や市などの補助金のほか、同会では寄付金も集めている。

鎌倉版のトップニュース最新6

3年ぶりに海水浴場開設

3年ぶりに海水浴場開設 社会

感染対策し7月1日から

5月27日号

リレーV、100m3位

中村千博さん(手広中出身)

リレーV、100m3位 スポーツ

陸上・県高校総体

5月27日号

インクルーシブな公園に

インクルーシブな公園に 文化

玉縄で第1号、他も整備へ

5月20日号

魅力満載「鎌倉かるた」

清泉小

魅力満載「鎌倉かるた」 教育

歴史文化交流館で展示中

5月20日号

瀬戸たまさんが日本一

瀬戸たまさんが日本一 スポーツ

太極拳ジュニア大会で

5月13日号

文学館、来年4月から休館

文学館、来年4月から休館 政治

大規模改修で2年間

5月13日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook