鎌倉版 掲載号:2022年6月17日号 エリアトップへ

3月6日「鎌倉作務衣の日」 鎌倉シャツが申請し認定

文化

掲載号:2022年6月17日号

  • LINE
  • hatena
上着、パンツだけでも使える。写真右は貞末副社長
上着、パンツだけでも使える。写真右は貞末副社長

 日本の記念日に、「鎌倉作務衣の日」が新たに加わった。作務衣(さむえ)の語呂から3月6日に。「鎌倉シャツ」の愛称で親しまれるアパレルメーカーのメーカーズシャツ鎌倉株式会社(雪ノ下)が、(一社)日本記念日協会に申請し、5月末に認定された。同社は作務衣の販売を拡充し、記念日にはイベントを開催するなどして、鎌倉から日本伝統のファッションを広めていきたい考えだ。

 禅宗の僧侶が作業着として日常的に身に着ける「作務衣」。Yシャツやスーツといった洋服が本業のメーカーズシャツ鎌倉だが、2020年、同社・貞末哲兵副社長(44)が浄智寺(山ノ内)の朝比奈惠温住職(58)から言われた一言が、作務衣づくりに挑戦するきっかけとなった。

 「いい作務衣を探している。お宅で作ってくれないか?」

 洋服メーカーによる和服づくりに一抹の不安もあったという貞末副社長だが、「うちらしくスタイリッシュなものを作ろう」と作務衣づくりに着手。サイズ感や素材、ポケットの数や位置などに考えを巡らせながら、浄智寺をはじめとする寺院にサンプルを幾度も持ち込み、修正を繰り返した。1年がかりで完成した商品は、昨年10月の発売から2週間で、用意した750着が完売。男女兼用、色は紺とグレー、素材もリネン(麻)、デニム地、オックスフォードの3種類を揃え、今春から同社サイトで予約販売している。

”鎌倉の服”へ

 「作務衣は1度着てみると楽なんです。そして、ちゃんとして見える」。今では普段着となった貞末副社長が、作務衣文化を広めたいと記念日認定に向けて協会へ申請。審査会で合格し、現在およそ2200ある記念日に加わった。

 浄智寺の朝比奈住職は「(鎌倉シャツの作務衣を)常用していますよ。記念日にもなり市民権を得てきたかな」。貞末副社長も「”鎌倉の服”として広がっていけばうれしいですね」と頬を緩ませた。

鎌倉版のトップニュース最新6

絵だけで楽しむ鎌倉絵本

絵だけで楽しむ鎌倉絵本 教育

市民が企画・制作

8月12日号

「私が市長になったら」

「私が市長になったら」 教育

小学生が一日体験

8月12日号

あの公園の名は?

あの公園の名は? 社会

市内170カ所が生物名

8月5日号

「校舎はUD化しますか」

「校舎はUD化しますか」 教育

小中学生が市政質す

8月5日号

大倉幕府跡で発掘見学

大倉幕府跡で発掘見学 文化

大河も追い風、250人来場

7月29日号

コロナに負けず市民活動

コロナに負けず市民活動 社会

若者の地域参加拡大

7月29日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook