神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
鎌倉版 公開:2023年9月15日 エリアトップへ

ろう者サッカーW杯へ 鎌倉インテル・吉野さん

スポーツ

公開:2023年9月15日

  • X
  • LINE
  • hatena
平日夜に練習する吉野さん=7日・鳩スタ
平日夜に練習する吉野さん=7日・鳩スタ

 聴覚に障がいのある人たちが世界一を争う「第4回ろう者サッカー世界選手権大会(デフサッカーワールドカップ)」に、鎌倉インターナショナルFCに所属する吉野勇樹さん(31)が日本代表として出場する。マレーシアで9月23日に開幕する大会を前に、吉野さんは「日の丸を背負って戦える喜びを噛み締めながら、ベストを尽くしたい」と語る。

 デフサッカーの試合は、通常と同じ11対11で対戦し、ピッチ上で選手たちはアイコンタクトや手話でコミュニケーションを取る。吉野さんは10代からデフサッカー日本代表に選出され、W杯は2016年に続いて2回目の出場となる。攻守の中心となるミッドフィルダーの吉野さんには、特に攻撃面での期待が寄せられている。

 日本代表は、予選リーグでウクライナ(23日)、アメリカ(25日)、ガボン(27日)と対戦。予選を突破すると、決勝トーナメントが控える。吉野さんは「メダルを目指したい」と目標を掲げ、日本代表として初の快挙に挑む。

代表チームけん引

 生まれつき難聴の吉野さんは、サッカー好きの両親の影響で6歳からフットサルを始めた。サッカーに転向したのは中学から。横浜の岡津中学校ではサッカー部へ入部し、汗を流した。筑波技術大学や都内のサッカーチームを経て、3年前から鎌倉インテルへ。「耳が聞こえない選手が他の人たちに混じってプレーしていたから」とインテルを選んだ理由をあげ、セレクションを受けてメンバーに加わった。

 インテルでは、トップチームではなく、神奈川県の社会人リーグ3部で戦うチームに在籍。平日の昼間は都内の保険会社で働き、火曜は仕事帰りの夜8時から、木曜は9時から1時間半の練習に励み、週末はリーグ戦を戦っている。

 吉野さんは今年で31歳となり、日本代表ではベテランの域にさしかかる。「国際経験のない選手も多いので、みんなを引っ張っていきたい」。ドリブルから得点に直結するパスや、前線に飛び出してのシュートなど、得意の攻撃で代表をけん引する。

鎌倉版のトップニュース最新6

「浜の盆踊り」今夏は3日間

「浜の盆踊り」今夏は3日間

来場者増加で開催拡大

7月19日

旅するスパイスカレー

旅するスパイスカレー

料理教室→家庭・店・地域食堂

7月19日

「子育て支援センター」整備完了

「子育て支援センター」整備完了

5カ所目の腰越が開設

7月12日

新庁舎イメージを展示

市役所移転計画

新庁舎イメージを展示

22日から市民意見募集

7月12日

リユース可能な雑貨回収

鎌倉市

リユース可能な雑貨回収

ごみ焼却減へ意識醸成

7月5日

主将でエース、狙う「7連勝」

主将でエース、狙う「7連勝」

面本和輝さん(鎌倉学園高)

7月5日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook