神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
鎌倉版 公開:2024年5月10日 エリアトップへ

住宅地に自転車貸出拠点 交通空白地帯の外出促進へ

経済

公開:2024年5月10日

  • X
  • LINE
  • hatena
新設されたサイクルステーション(市提供)
新設されたサイクルステーション(市提供)

 鎌倉市は、交通結節点の大船駅と湘南深沢駅から距離のある地域で、「シェアサイクルサービス」の実証事業を4月から開始した。電動自転車の貸出・返却拠点となるシェアサイクルステーションを市内の公有地8カ所に新設。来年3月までの1年間で、移動手段としてのシェアサイクルの有効性を検証していく。

 鎌倉市は、江ノ島電鉄(株)とシェアサイクルサービスを手がけるOpen Street(株)と今年4月に協定を締結。大船駅や湘南深沢駅から距離がある岡本、常盤、笛田などを拠点にした電動アシスト自転車の貸出・返却拠点「シェアサイクルステーション」を新設し、市民の外出促進に向けた実証事業を来年3月まで実施する。

公有地を初活用

 以前からOpen Streetが運営する市内のシェアサイクルステーションは、駅前の駐車場やコンビニなど民有地約50カ所に設置されている。実証事業では、初めて公有地を活用。岡本ゆずりは公園、岡本外耕地公園、岡本耕地西公園、大船行政センター、常盤うなぎ公園、深沢行政センター、笛田こどもの広場、教養センターの8カ所に新設された。

 新拠点となる8カ所でのシェアサイクルの利用状況は、4月19〜30日に約150件、5月1〜6日に約120件。近距離や近隣市への移動など用途もさまざまで、市政策創造課は「利用ニーズが高まっているのでは」と期待を寄せる。また、「選定した公有地は住宅地に近い場所に立地しているので、利用しやすい環境が整っている」と話し、公園や行政センターなどの公有地を有効活用しながら、環境配慮や市民の健康増進にもつなげていきたい考えだ。

 シェアサイクルは、アプリ「HELLO CYCLING」のダウンロードにより利用。料金は30分130円で、延長15分毎に100円。詳細は、市政策創造課【電話】0467・23・3000。

鎌倉版のトップニュース最新6

電子書籍 導入は16自治体

電子書籍 導入は16自治体

本紙調査 蔵書数、利用数に課題も

6月14日

おにぎりが社会を救う?

おにぎりが社会を救う?

協会・中村代表に聞く

6月14日

前年から微増の1228万人

2023年観光客数

前年から微増の1228万人

5類移行も休館等影響か

6月7日

妙長寺、魚の命に合掌

妙長寺、魚の命に合掌

10年に1度の「鱗供養」

6月7日

認知症カフェを定期開催

認知症カフェを定期開催

今泉台 理解広める場に

5月31日

学生団体が企業と協定

学生団体が企業と協定

熱中症予防で連携へ

5月31日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook