茅ヶ崎版 掲載号:2012年12月21日号
  • googleplus
  • LINE

衆院選河野氏 全国トップの19万票超 市内 投票率10%以上落す

「当確」直後の河野氏
「当確」直後の河野氏

 単独過半数超えの議席で自民党圧勝に終わった第46回衆院総選挙。神奈川15区も、自民党の河野太郎氏(49)が全選挙区トップの19万2604票(市内8万1352票)を獲得した。

 多党乱立の様相を呈した全国の選挙戦を他所に、15区は県内で唯一、政権与党だった民主党の空白区。第三極勢力からの候補擁立も目立った動きはなく、盛り上がりを欠いた。

 市内投票率は57・72%で前回総選挙の69・24%から10ポイント以上も落した。

 開票当日の16日、平塚市内のホテルに河野陣営約300人が集まった。午後8時5分、早々に「当確」をテレビが報じると、河野氏は万歳する支持者に何度も頭を下げ、表情を崩した。河野氏は「政治は内輪もめのためにやるのではないという意志で6回目の任期を果たす」と、意気込みを語った。

 河野後援会関係者は今回の選挙戦を「勝って当然。目標は20万票の大台だった」と振り返る。前々回の「郵政選挙」で得た約18万6千票からの上積みを、どれだけ伸ばせるかが焦点となっていた。他選挙区の応援で本人不在のなか、強固な保守地盤を背景に自民党優勢の風に乗った。

 共産党新人で出馬した浅賀由香氏(32)は、5万に迫る票を集めたが、民主党や第三極政党支持者の受け皿にはなりきれなかった。

 比例代表では、日本維新の会が民主党を上回る19・43%の得票率で、15区でも躍進を印象付けた。
 

茅ヶ崎版のトップニュース最新6件

最後の高校生アート展

茅ヶ崎市美術館

最後の高校生アート展

2月16日号

犯罪防止活動に栄誉

消防本署に救急隊増配置

3月25日 オープン

柳島スポーツ公園

3月25日 オープン

2月9日号

8年ぶり死者ゼロ

ビューカードと初コラボ

市制70周年記念事業

ビューカードと初コラボ

2月2日号

<PR>

茅ヶ崎版の関連リンク

あっとほーむデスク

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

松籟庵で雛人形展示

松籟庵で雛人形展示

3月4日まで

2月10日~3月4日

茅ヶ崎版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク