茅ヶ崎版 掲載号:2016年6月17日号 エリアトップへ

世界大学オリエンテーリング選手権に日本代表として出場する 祐谷 大輝さん 幸町在住 22歳

掲載号:2016年6月17日号

  • LINE
  • hatena

一度決めたら迷わず進む

 ○…「今までのレースの中でも会心の出来。思ったところにポイントのフラッグが見えたときは心でヨシっと叫んだ」。オリエンテーリングは地図とコンパスを駆使してコンマ1秒を競ってゴールを目指す、一瞬の迷いも許されないハードなスポーツ。選考会で強豪たちを抑え、日本代表の男子6人のうちのひとりに選ばれた。世界大会の舞台はハンガリー。「初めての海外大会。日本にはない地形もあるようで、今からワクワクしています」

 ○…東京大学オリエンテーリングクラブに4年間所属し、この春卒業した。「大学に入るまで聞いたこともなかったスポーツ。頭脳と体力をフルに使う部分が気に入った」。初の夏合宿では八ヶ岳の山中を4時間以上さまよった。一筋縄ではいかない難しさに、のめり込むように。実力を伸ばし、4年生時にインカレではチーム優勝にも貢献。現在でもコーチとして大学に残り、指導を続けている。「今度はぼくが後輩を育てていく番です」

 ○…大阪生まれ、小学生まで関西で過ごした。「地図を眺めて、空想の旅をするのが好き。地図さえあればとにかくゴキゲンでした」。中学入学を機に茅ヶ崎市へ。中学では陸上部に入り、駅伝の神奈川県大会にも出場。「基礎をコツコツしっかり」と真面目な性格は勉強でも生かされ、東京大学工学部に進学。環境エネルギーを専門に研究に没頭した。「社会の基盤を作る仕事。まちづくりに携わりたい」とさらに一歩夢に近づくために院に進む準備を進めている。

 ○…勉強と研究室のアルバイトで忙しい日々を送るが、日々のトレーニングを欠かすことはない。レースが近づくとエネルギーをチャージするために深夜の帰宅でも白米3合はペロリ。「一番のごちそうはやっぱり母のカレー。元気がでる。レースを怪我なく終え、家に戻るとほっとする。いつも家族の応援があるからがんばれる」と微笑んだ。
 

茅ヶ崎版の人物風土記最新6

原 俊一さん

5周年を迎えた「ちがさき丸ごとふるさと発見博物館友の会」(丸博友の会)事務局長

原 俊一さん

東海岸北在住 73歳

9月17日号

石田 省三郎さん

神奈川県美術展・写真部門で準大賞を受賞した

石田 省三郎さん

白浜町在住 75歳

9月10日号

千葉 雅英さん

藤沢税務署長に7月、就任した

千葉 雅英さん

横浜市在住 60歳

9月3日号

本柳 とみ子さん

オーストラリアの学校事情をまとめた『コアラの国の教育レシピ』を出版した

本柳 とみ子さん

菱沼海岸在住 67歳

8月27日号

横溝 さやかさん

ともいきアートの象徴絵画を制作した

横溝 さやかさん

市内在住 34歳

8月20日号

大森 正也さん

競技としてのSUPを広める活動をしている

大森 正也さん

本村在住 27歳

8月13日号

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場の完全無料化実施中です

https://heiwadou.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 9月3日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

  • 7月23日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook