茅ヶ崎版 掲載号:2017年7月14日号
  • LINE
  • hatena

西久保の地下道に完成した落書き防止アートに、民話「河童徳利」のモチーフを描いた 佐々木 貴行さん 松浪在住 40歳

安らぎ生み出す”創作少年”

 ○…温かみのある動物や人物を描く絵本作家。このほど壁にアートペイントを施すことで落書き防止を図る、茅ヶ崎市とNPO法人湘南スタイルの協働事業の一環で、地下道の壁に民話「河童徳利」に登場する河童や五郎兵衛を描いた。はじめは「キャラクターを描ける人」として声が掛かったが、偶然にも、過去に商店会らが作成した「河童徳利の冊子」のイラストを担当したことがあり「縁ある話が舞い込んで驚いた。ここまで大きな作品は初めてだが、喜んで引き受けた」

 ○…「河童」は創作活動の根底にあるモチーフ。東京工芸大3年時、オリジナルの絵のスタイルを確立させようと必死な中で、幼い頃から好きだった「水辺の世界」と「怪獣」を組み合わせ「河童」のイメージに辿り着いた。「本を調べ、伝説が伝わる場所を訪ね、河童グッズを集めた。毎日河童を描くなんてちょっと変わっていたけれど、突き詰めて向き合えたのは財産」。「河童は元々水の神様の使いで、怖い妖怪じゃない」と話す通り手掛ける河童のイラストはどこか人懐こく、見た人に安らぎを与える。

 ○…小2の息子と過ごすのが大切な時間。今熱中しているのはポケモンの通信交換で「河童に似たポケモンを見つけた時はテンションが上がった」と少年のように目を輝かせる。自宅では妻がピアノ、息子が卓上電子ドラム、自身がギターを演奏してささやかな家族セッションをしたり、海や川に出掛けて楽しんでいる。

 ○…藤沢の豊かな自然の中で育った少年時代、江の島の花火を見た思い出を元に綴った絵本「花火の夜に」は、2008年に絵本の新人賞を受賞し作家として活動する足掛かりとなった。デザイナーなどを経て、現在は美術専門の学校で教師も務めている。「経験を活かしクリエイターとしてどう生きるかを伝えている」。今後は「子どもと関わりながら美術を盛り上げ、面白い作品を生み出していきたい」と穏やかに微笑んだ。

茅ヶ崎版の人物風土記最新6件

中村 慶一さん

市立図書館「少年寺山修司とわたし」で講演する画家

中村 慶一さん

2月22日号

三輪 和子さん

市美術館で「摩訶不思議動物園」を開催している茅ケ崎養護学校の総括教諭

三輪 和子さん

2月15日号

岸本 武也さん

「市民ふれあいプラザお笑いライブ」に出演する元お笑い芸人の市職員

岸本 武也さん

2月8日号

小林 鉄斎さん

ワールド・フォトグラフィック・カップ2019の日本代表に選ばれた

小林 鉄斎さん

2月1日号

鈴木 美代子さん

鶴嶺小学校で栄養教諭を務める

鈴木 美代子さん

1月25日号

柴田 壮介さん

湘南ベルマーレでプロ契約を結んだ

柴田 壮介さん

1月18日号

茅ヶ崎版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月22日号

お問い合わせ

外部リンク