茅ヶ崎版 掲載号:2017年10月6日号
  • LINE
  • hatena

「特定非営利活動法人こども応援丸」の理事長を務める 津田 眞利(まさとし)さん 中海岸在住 51歳

子どもの笑顔を「応援丸」

 ○…数年前、茅ヶ崎小のPTA会長を務めた経験から、「勉強に苦しんでいる子どもが多い現実をなんとかしたい」と、昨年「こども応援丸」を立ち上げた。今年4月にはNPO法人化し、現役の教諭や元塾講師、大学生など有志約30人を取りまとめて、西浜中や南湖公民館で勉強につまずきやすい年代といわれる中学生に学習支援を行っている。10月からはもう一校活動の場を広げ「笑顔が増えていくのが一番うれしい。支援の場が子どもの居場所になってくれれば」と顔をほころばせる。

 ○…茅ヶ崎駅北口で80年続く津田糸店に生まれた。いつも人に囲まれている活発な少年だった。家業を継ぐため成蹊大学で経済を学び、東京の商社のアパレル事業部で3年間経験を積んだ上で、津田糸店の3代目に就任。地元に戻ってからは「”人間50年”と思って生きてきたので、受けた恩は早く返さなくちゃ」と、PTA会長や商店会の会長を引き受けた。今も「地域のために何ができるか」を常に考え、人と人をつなぐ地域コーディネーターとしても奔走する。

 ○…妻、娘、息子と暮らす。妻とは20代半ばの頃、友人の紹介で出会い、大好きな東京ディズニーランドに出かけたのが忘れられない思い出。同園には、体調を崩し家業を一時休んでいた40代の頃に園内のレストランで働いたこともあり「やっぱりお客さんの笑顔が原動力だったね」と懐かしむ。最近は仕事や「応援丸」などの地域活動が忙しい中、気ままに料理を作るのが息抜きだ。

 ○…最近の「こども応援丸」は学校説明会に招かれて活動を紹介したり、「あのおじさんがいるなら行ってみよう」といった子どもの声も聞こえてきたりと、地域との信頼関係も強まってきた。来年度からはさらに地域を広げる予定で「子どもたちにはもっと茅ヶ崎を好きになってもらって、いつかは教える側にもなってほしいな」と目を細めた。

無料葬儀式場

C-Xメモリアルホール美空

http://www.heiwadou.com

<PR>

茅ヶ崎版の人物風土記最新6件

大澤 秀夫さん

子どもたちに本を贈る「サンタ・プロジェクト」の発起人

大澤 秀夫さん

12月7日号

橋本 正一(法名釋正信)さん

茅ヶ崎市文化団体協議会主催の明治・ハワイ移民150年記念講演会で講演する

橋本 正一(法名釋正信)さん

11月30日号

山本 幹雄さん

中学校美術作品展の中心企画者として、40年以上携わってきた

山本 幹雄さん

11月23日号

杉崎 直人さん

茅ヶ崎市私立幼稚園協会の会長を務める

杉崎 直人さん

11月16日号

有村 幸三さん

「南湖 ザ ミュージアム」の企画運営を行う「ちがさき丸ごとふるさと発見博物館」(丸博)運営部会員を務める

有村 幸三さん

11月9日号

柴田 功一郎さん

競輪で5年半ぶりに優勝を飾った

柴田 功一郎さん

11月2日号

茅ヶ崎版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 8月10日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

  • 4月6日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月7日号

お問い合わせ

外部リンク