茅ヶ崎版 掲載号:2018年1月5日号
  • googleplus
  • LINE

2018年茅ヶ崎市成人のつどい実行委員長を務め、式典で代表の言葉を述べる 三好 景(みよし あきら)さん 中島中出身 20歳

感謝を未来に「つなぐ」

 ○…「合言葉は『全員リレー』。茅ヶ崎の新成人たちが集うこの式を、皆の心を動かすものにしたい」と意気込む。昨年の春、母校・中島中の恩師から声が掛かり実行委員の一員に選ばれ、そこで立候補して委員長に就任した。当日上映予定の映画「つなぐ de むーびー」は企画から制作まで全て実行委員の手によるもの。「若いうちに新しいことに挑戦して行こう」というメッセージが込められている。

 ○…大阪に生まれ、幼稚園の時に茅ヶ崎に移り住んだ。幼い頃から稽古に励んだ空手では、柳島小4年時に型の部で全国優勝。その運動神経を生かして小2の頃から野球も始め、中学では内野を守った。生徒会長も務めたが、「リーダーシップというより、みんなに支えてもらうのが上手なんですよ」と照れ笑い。野球のスポーツ推薦で相洋高校(小田原市)に入学したが、高2の冬に靭帯を痛め、選手マネージャーに転向。監督の「右腕になってくれ」という言葉に励まされ、くさることなく選手たちのサポートに専念。裏方から選手たちを支えることの大切さを学んだ。

 ○…休日は大学の友人たちとドライブ。箱根や熱海、日光などに足を延ばすこともあり「今年は奮発して海外旅行を企画してます」とにっこり。年末は祖父母の住む香川に帰り、讃岐うどんを食べるのが恒例事。現在は親元を離れ千葉で一人暮らしをしているため、家族でゆっくり過ごす時間を大切にしている。

 ○…日本大学生産工学部でプログラミングを専攻。希望する進路は教職。「自分を育ててくれた恩師たちに憧れて」とはにかむ。さらに塾講師のアルバイトをしながら「運動部の顧問になった時のために」と独学でトレーニング法などのスポーツ科学も学んでいる。「人と人のつながりの中で自分が作られている。そのつながりに感謝し、20歳の節目を未来につなげていくきっかけにしてほしい」。強い思いを込めて式典に臨む。
 

茅ヶ崎版の人物風土記最新6件

井出 香織さん

「GENKIプロジェクト」の代表で、鶴が台フェスティバルを企画した

井出 香織さん

9月21日号

吉田 太(ふとし)さん

スタンドアップパドルのジュニア大会を初企画した

吉田 太(ふとし)さん

9月14日号

杉下 正樹さん

9月15日のPACIFIC BEACH FESTIVALを企画した

杉下 正樹さん

9月7日号

藤沢 佳文さん

茅ヶ崎、藤沢、寒川を管轄する藤沢税務署長に就任した

藤沢 佳文さん

8月31日号

藤川 悠(はるか)さん

茅ヶ崎市美術館「あそび展」を企画した学芸員

藤川 悠(はるか)さん

8月24日号

新井 春雄さん

海外登山で11峰に登頂してきた

新井 春雄さん

8月10日号

茅ヶ崎版の関連リンク

あっとほーむデスク

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月21日号

お問い合わせ

外部リンク