茅ヶ崎版 掲載号:2018年3月2日号
  • LINE
  • hatena

ローカルファースト 「失敗恐れず挑戦を」 奥寺康彦氏講演に350人

社会

自身の経験を語る奥寺氏
自身の経験を語る奥寺氏
 茅ヶ崎市役所分庁舎で2月21日、「第7回ローカルファーストシンポジウム〜スポーツが健康なまちをつくる」が開催され、約350人が会場に詰めかけた。主催はローカルファースト研究会(淺野真澄代表)。

 ローカルファーストとは、地産地消や地域活性など自らが住む地域を大切にするさまざまな価値観を創出しようというもの。淺野代表は「これまでの活動が徐々に広がり、多くの人に支えられていると実感している。今日は健康とローカルファーストのヒントをぜひ持ち帰ってほしい」とあいさつ。

 当日は、日本人初のプロサッカー選手としてドイツで活躍し、現在、横浜FC会長を務める奥寺康彦氏を迎え、基調講演を実施。奥寺氏はブンデスリーガで通算235試合に出場、25得点をあげるなど、東洋のコンピューターと称され、昨年11月にはブンデスリーガレジェンドにも選出された。

 講演ではドイツでの環境、言葉の壁やチームに溶け込むまでの経験談をはじめ、地域の総合スポーツクラブと市民の健康、横浜FCでの活動を通したこれからのスポーツのあり方などについて語った。奥寺氏は「皆さんにはローカルファーストの輪をもっと広げてもらい、そして年齢に関係なく、失敗を恐れずにいろんなことにチャレンジしてほしい」と述べた。

 また、講演後にはローカルファースト財団の杉本洋文副理事長をコーディネーターに、パネルディスカッションを開催。(株)湘南ベルマーレの眞壁潔代表取締役会長、乃羽バレエスクールの乃羽ひとみ校長、パーム・インターナショナル・テニス・アカデミーの杉山芙沙子校長を迎え、意見交換などを行った。

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6件

C型肝炎は飲み薬だけで治す時代に

〜治癒を目指し専門医の治療を〜

C型肝炎は飲み薬だけで治す時代に

12月14日号

「茅ヶ崎音頭」知って

混声合唱団ラマーレ

「茅ヶ崎音頭」知って

12月14日号

オーテック車湘南に里帰り

「現代版画の可能性」スタート

節目の50年祝う

茅ヶ崎青年会議所

節目の50年祝う

12月14日号

下寺尾西方遺跡が国指定に

無料葬儀式場

C-Xメモリアルホール美空

http://www.heiwadou.com

<PR>

茅ヶ崎版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 8月10日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

  • 4月6日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク