茅ヶ崎版 掲載号:2018年3月2日号
  • googleplus
  • LINE

ローカルファースト 「失敗恐れず挑戦を」 奥寺康彦氏講演に350人

社会

自身の経験を語る奥寺氏
自身の経験を語る奥寺氏
 茅ヶ崎市役所分庁舎で2月21日、「第7回ローカルファーストシンポジウム〜スポーツが健康なまちをつくる」が開催され、約350人が会場に詰めかけた。主催はローカルファースト研究会(淺野真澄代表)。

 ローカルファーストとは、地産地消や地域活性など自らが住む地域を大切にするさまざまな価値観を創出しようというもの。淺野代表は「これまでの活動が徐々に広がり、多くの人に支えられていると実感している。今日は健康とローカルファーストのヒントをぜひ持ち帰ってほしい」とあいさつ。

 当日は、日本人初のプロサッカー選手としてドイツで活躍し、現在、横浜FC会長を務める奥寺康彦氏を迎え、基調講演を実施。奥寺氏はブンデスリーガで通算235試合に出場、25得点をあげるなど、東洋のコンピューターと称され、昨年11月にはブンデスリーガレジェンドにも選出された。

 講演ではドイツでの環境、言葉の壁やチームに溶け込むまでの経験談をはじめ、地域の総合スポーツクラブと市民の健康、横浜FCでの活動を通したこれからのスポーツのあり方などについて語った。奥寺氏は「皆さんにはローカルファーストの輪をもっと広げてもらい、そして年齢に関係なく、失敗を恐れずにいろんなことにチャレンジしてほしい」と述べた。

 また、講演後にはローカルファースト財団の杉本洋文副理事長をコーディネーターに、パネルディスカッションを開催。(株)湘南ベルマーレの眞壁潔代表取締役会長、乃羽バレエスクールの乃羽ひとみ校長、パーム・インターナショナル・テニス・アカデミーの杉山芙沙子校長を迎え、意見交換などを行った。

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6件

高校野球に「ありがとう」

応援を力に「cheer up!」

”夢先生”として教壇に立つ

元女子フットサル日本代表キャプテン 藤田安澄さん

”夢先生”として教壇に立つ

9月21日号

「あって良かった」思える店に

夫婦で創った“日本初”

効率&売上アップへ

消費税軽減税率対策窓口相談等事業

効率&売上アップへ

9月21日号

茅ヶ崎版の関連リンク

あっとほーむデスク

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月21日号

お問い合わせ

外部リンク