茅ヶ崎版 掲載号:2018年3月2日号
  • LINE
  • hatena

茅ケ崎警察署 パスコと食糧協定 災害時にパン提供

社会

山口署長(左)と金沢工場長
山口署長(左)と金沢工場長
 茅ケ崎警察署(山口達夫署長)は、管内にある敷島製パン株式会社パスコ湘南工場(寒川町一之宮)と、災害発生時の食料品など物資調達に関する協定を結んだ。同署で2月9日、締結式が行われた。

 茅ケ崎署では、大規模災害発生に備え、救助活動などにあたる署員らのために食料を備蓄している。しかし、現在の備えは3日分にしか相当せず、活動が長期に及んだ場合などに不足する恐れがあった。不足した際は県警察本部の食料調達協定に頼るほかなく、同署では食料などを調達する独自ルートを模索していた。

 パスコ工場ではパンや菓子類を製造しており、関東圏を中心に出荷。食パンだけでも製造量は1日10万個に上る。出荷を待つストック約5万食を大規模災害時の備蓄にも充てており、寒川町や神奈川県とも同様の災害時協定を結んでいる。警察署側から昨秋に打診され、今回の締結に至った。

 現在パスコ工場で働く約600人のうち、7〜8割が地元の人々。締結式に出席した金沢正己工場長は「地域の方のお力添えがあって私たちの仕事も成り立つ。できる限りの協力をしたい」と言い、山口署長は「これまでも重機の提供など各所と協定を結んできたが食品の協定は初。地域の方の安心・安全のため、今後も各所と協力を続けていきたい」と話した。

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6件

C型肝炎は飲み薬だけで治す時代に

〜治癒を目指し専門医の治療を〜

C型肝炎は飲み薬だけで治す時代に

12月14日号

「茅ヶ崎音頭」知って

混声合唱団ラマーレ

「茅ヶ崎音頭」知って

12月14日号

オーテック車湘南に里帰り

「現代版画の可能性」スタート

節目の50年祝う

茅ヶ崎青年会議所

節目の50年祝う

12月14日号

下寺尾西方遺跡が国指定に

無料葬儀式場

C-Xメモリアルホール美空

http://www.heiwadou.com

<PR>

茅ヶ崎版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 8月10日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

  • 4月6日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク