茅ヶ崎版 掲載号:2018年8月3日号
  • LINE
  • はてぶ

船長として渡船えぼし丸に乗る 石井 満夫さん 南湖在住 48歳

海で育ち 海と生きる

 ○…市内唯一のえぼし岩周遊船を運営する社長であり、船長。映画『茅ヶ崎物語』などの余波もあり、市外や海外の利用者も増加中。「湘南でなく茅ヶ崎へ目を向けてもらえるいい機会」と喜ぶ一方、「海の楽しみ方は千差万別。『天気がいい』といった理由でも、気軽に来てほしい。できれば市民全員に一度は近くで見てもらいたいよね」と、慈しむように海を見やる。

 ○…実家は創業50年超のたつみ釣具店。小さい時は浜を庭代わりに、釣りや磯遊び、潮風を存分に受け育った。「遠くの海」に憧れ、大型船で”七つの海”を巡りたいと横須賀の水産高校へ進学。卒業後は都内の海専門の測量会社に勤めた。1年365日のうち300日は海の上という生活。国内ほとんどの港を制覇し、二宮―アラスカ間の海底ケーブル調査などで海外の海も巡った。「海の真ん中に行くと、なーんにもない。あの満点の星空は忘れられないなぁ」と瞳をきらめかせ、想いは水平線の向こうへ。

 ○…茅ヶ崎に戻り26年ほどが経つ。現在は両親と3人暮らし。朝は3時半から4時頃に起床、日の出とともに出航する釣り船に備える。「三浦湾からのお日様が重なる時が一番好きなえぼし岩の姿。いつも痺れる」と笑みをこぼす。たまの休みにはスーパー銭湯などで疲れを癒す。日々の癒しは猫。代々港のボスに君臨した飼猫たちも、現在の「ヒゲ」ちゃんで5代目。「鼻のところの模様がヒゲみたいでしょ」と携帯の画像を手に照れ笑い。

 ○…海と共に育ち、海があるのが当たり前。「海が見えないところでは暮らせないなぁ」と頭をかく。「海では余計なものを忘れて、解放される。なんにもないけど、海にしかないもの、うまく言葉にできないけれど、そういったものが人を魅了するんじゃないかなぁ」

茅ヶ崎版の人物風土記最新6件

横山 恭之(やすゆき)さん

茅ヶ崎O(オー)ゲージ鉄道クラブの会長を務める

横山 恭之(やすゆき)さん

10月12日号

田中 勝さん

茅ケ崎警察署長に9月3日付で就任した

田中 勝さん

10月5日号

上野 正博さん

10月1日に市民文化会館のこけら落とし公演で指揮を務める

上野 正博さん

9月28日号

井出 香織さん

「GENKIプロジェクト」の代表で、鶴が台フェスティバルを企画した

井出 香織さん

9月21日号

吉田 太(ふとし)さん

スタンドアップパドルのジュニア大会を初企画した

吉田 太(ふとし)さん

9月14日号

杉下 正樹さん

9月15日のPACIFIC BEACH FESTIVALを企画した

杉下 正樹さん

9月7日号

稲岡ハウジング㈱が正社員募集中

昼食代支給、健康診断休暇、報奨金制度、国内外に社員旅行。詳細は本社総務課へ。

https://www.inaoka-h.com/

<PR>

茅ヶ崎版の関連リンク

あっとほーむデスク

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月12日号

お問い合わせ

外部リンク