茅ヶ崎版 掲載号:2018年12月14日号 エリアトップへ

来春の市議選 現職22人が出馬予定 本紙アンケート調査

政治

掲載号:2018年12月14日号

  • LINE
  • hatena

 来春の統一地方選挙のうち、4月21日(日)が有力視される茅ヶ崎市議会議員選挙。本紙では、現職28人の市議を対象に、出馬の意向などについてアンケート調査を行った。        (12月11日起稿)

 アンケート調査は、12月上旬までに文書とメール、ファクスで実施。11月の市議会議員補欠選挙で当選した岡崎進市議を含め、現職28人すべてから回答を得た。

 来年の市議選については、出馬予定と答えたのが28人中22人。未定が1人、出馬しないが5人だった=表参照。出馬しない方向の5人の中で、沼上徳光市議と永田輝樹市議は来春の神奈川県議会議員選挙へ立候補予定。白川静子市議は後継人を立て、和田清市議と松島幹子市議は後継人なしで不出馬とした。松島市議からは、12月末での辞職願が出されている。

喫緊の課題は「財政」

 出馬予定と回答した議員には、次の選挙で最も訴えたいことについても質問。中学校給食導入をはじめとする子育て支援、医療・介護などを含めた高齢化対策の回答が多かった。ほかにも、防災、スポーツ振興、茅ケ崎駅ホームの安全確保といった意見があがった。

 また喫緊の課題について問うと、市の債務残高が1000億円を超えていることも踏まえ、財政問題に触れる議員が最多の11人。防災や中学校給食、少子高齢化対策、道の駅などが続いた。

元職・新人も出馬へ

 周辺自治体に比べ、毎回激戦が繰り広げられる茅ヶ崎市議選。来春の市議選には、現職のほかにも先月の市議補選に立候補した元職・新人のほか、新顔も出馬に向けた動きが見られる。前回(2015年)の市議選でも、定数28に対して40人が立候補し、激しい選挙戦となった。

 なお来年4月7日(日)には、県知事選と県議選実施へ調整が進んでいる。

茅ヶ崎版のトップニュース最新6

一中生が男女で優勝

全国中学柔道大会

一中生が男女で優勝 スポーツ

ともに最重量級制す

9月17日号

「茅ヶ崎の製糸場」に迫る

「茅ヶ崎の製糸場」に迫る 文化

「丸博友の会」5周年企画

9月17日号

最年少でW杯代表入り

フットサル

最年少でW杯代表入り スポーツ

堤在住・毛利元亮選手

9月10日号

市民参加で郷土史研究

「ゆかりラボ」10月スタート

市民参加で郷土史研究 文化

9月10日号

10月末接種完了目指す

新型コロナワクチン

10月末接種完了目指す 社会

対象年齢を「12歳以上」に

9月3日号

午前中で授業切り上げ

市立小中学校

午前中で授業切り上げ 教育

部活動も原則休止

9月3日号

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場の完全無料化実施中です

https://heiwadou.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 9月3日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

  • 7月23日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook