茅ヶ崎版 掲載号:2019年8月23日号 エリアトップへ

富士登山駅伝で初Vに貢献 浜竹在住の細野松宏さん

スポーツ

掲載号:2019年8月23日号

  • LINE
  • hatena
7区の選手へ襷をつなぐ6区・細野さん
7区の選手へ襷をつなぐ6区・細野さん

 「秩父宮記念第44回富士登山駅伝競走大会」が8月4日、静岡県で開催され、浜竹在住の細野松宏さん(39)が所属する「清水ランニングクラブ」=静岡=が、34回目の挑戦にして初の一般の部の優勝を飾った。

 富士登山駅伝は、スタート地点の御殿場駅前から、折り返し地点の富士山山頂まで標高差3258mを駆け上がり、ゴールの御殿場市陸上競技場を目指す世界で最も高低差の大きい山岳駅伝。実業団選手や箱根駅伝出場者を含む一般の部101、自衛隊の部31の合わせて132チームが全国から集い、優勝を争った。

 清水ランニングクラブ(石井大輔監督)のこれまでの最高位は2位だった。メンバーの6人中3人は今年の箱根駅伝出場選手を擁し、大会11連覇中のトヨタスポーツマンクラブの打倒に燃えていた。

 全11区間のうち、6区以外は往路で走った区間を復路でも担当する。細野さんは、傾斜35度以上の急勾配で岩場が続き、酸素の希薄な山頂区の6区を走った。

 前半でチームはリードを積み重ね、5区からトップで襷を受け取ると、「天気も良く、後ろの相手もよく見えて冷静に走れた」と振り返る。仲間を信じ、途中ライバルに抜かれても焦らず区間4位で走りきった。トップと14秒差の2位で襷をつないだ時、「勝ったと思った」。最終11区で逆転し、4時間2分5秒でゴール。積年の悲願を果たした。

技術と経験で走る

 当初は控え選手として名を連ねていたチーム最年長の細野さん。メンバーが体調を崩し、出場が決定したのは2日前だった。「驚いたが、準備はしっかりしていた」。チームでの練習の他、個人でも今シーズンで5回富士山に登り、調整を重ねていた。「山区間は技術と経験が要求される。若い選手に体力で負けてもそこは譲れない」

 細野さんは「一番の喜びはチームとして勝てたこと。昨年亡くなった牛ノ浜三郎監督に優勝を捧げたい」と思いを語った。

茅ヶ崎版のトップニュース最新6

男子2選手が全国へ

中学陸上

男子2選手が全国へ スポーツ

18日から福島県で開幕

8月12日号

製糸場跡に記念碑設置へ

製糸場跡に記念碑設置へ 社会

市民団体 年内実現めざす

8月12日号

欠席連絡 スマホでも

欠席連絡 スマホでも 教育

小中学校で導入へ

8月5日号

今秋「こども選挙」実施へ

今秋「こども選挙」実施へ 社会

市長選で候補者に投票

8月5日号

災害時キャンピング車活用

茅ヶ崎市

災害時キャンピング車活用 社会

民間事業者と協定締結

7月29日号

茅ヶ崎市博物館がオープン

茅ヶ崎市博物館がオープン 文化

7月30日、市内堤に

7月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月8日0:00更新

  • 7月1日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook