茅ヶ崎版 掲載号:2021年7月2日号 エリアトップへ

清掃活動団体「湘南美化クラブ」代表 小川 紋永(あやなが)さん 円蔵在住 23歳

掲載号:2021年7月2日号

  • LINE
  • hatena

清掃でつながり密に

 ○…カーブミラーの清掃をメインに、市内全域で清掃活動を行うボランティア団体「湘南美化クラブ」を先月立ち上げた。活動初日は7月4日。メンバー5人が地域ごとに脚立やクリーナーを使ってカーブミラーを磨いていく。「交通事故の防止にもつながるし、僕らの世代がやることで若者にも身近な社会問題として興味を持ってもらいたい」と熱く語る。

 ○…茅ヶ崎市で生まれ育つ。幼い頃から道端に捨てられているゴミや糞に疑問を抱いていた。下校中にゴミ拾いをしたり、「なぜ、犬の糞が落ちているのか」について作文を書いたこともあった。現在は建設業に携わり、ゴミの分別の必要性やそれに伴う弊害についてもより深く考えるように。父親が会長を務める市民団体が円蔵地域でカーブミラー清掃を40年続ける姿も間近で見てきた。「近隣の方の喜ぶ顔を見て、活動の重要性も知りました。少しずつ広めていきたい」

 ○…草野球に始まり、サッカーや格闘技など、体を動かすことが好き。「物事を深く考えてしまいがち」と自己分析する性格で、悩んだ時にはヘトヘトになるまで走り込む。「疲れている時こそ神経が研ぎ澄まされて良い結果が導き出せるんですよ」。他にも、映画館や美術館、博物館といった、己の感性に訴えてくる場所がお気に入り。コロナ終息後は、祖父に連れられて幼い頃に行ったルーブル美術館を再び訪れたいんだと微笑んだ。

 ○…大切にしているのは「あいさつ」。仕事中でもランニング中でもそれは欠かさない。あいさつを入口につながりができていくと言い、「それは、とても素敵なことだと思う」とはにかむ。清掃活動中も率先して声かけをするつもりだ。「つながりを大事に、大好きな茅ヶ崎へ貢献したい」

茅ヶ崎版の人物風土記最新6

原 俊一さん

5周年を迎えた「ちがさき丸ごとふるさと発見博物館友の会」(丸博友の会)事務局長

原 俊一さん

東海岸北在住 73歳

9月17日号

石田 省三郎さん

神奈川県美術展・写真部門で準大賞を受賞した

石田 省三郎さん

白浜町在住 75歳

9月10日号

千葉 雅英さん

藤沢税務署長に7月、就任した

千葉 雅英さん

横浜市在住 60歳

9月3日号

本柳 とみ子さん

オーストラリアの学校事情をまとめた『コアラの国の教育レシピ』を出版した

本柳 とみ子さん

菱沼海岸在住 67歳

8月27日号

横溝 さやかさん

ともいきアートの象徴絵画を制作した

横溝 さやかさん

市内在住 34歳

8月20日号

大森 正也さん

競技としてのSUPを広める活動をしている

大森 正也さん

本村在住 27歳

8月13日号

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場の完全無料化実施中です

https://heiwadou.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 9月3日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

  • 7月23日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook