茅ヶ崎版 掲載号:2022年6月17日号 エリアトップへ

6月29日からの女子ラクロスの世界選手権に日本代表の主将として出場する 鈴木 理沙さん 共恵在住 29歳

掲載号:2022年6月17日号

  • LINE
  • hatena

「5位以上」へ背中で導く

 ○…6月29日からアメリカ・メリーランド州で開催される女子ラクロスの世界選手権に、日本代表の主将として臨む。本来は4年に1度行われる同大会だが、コロナで1年延期に。「モチベーションの維持や練習との両立が難しく、競技に集中する環境を整えたかった」と、昨年12月に仕事を辞め、現在は茅ヶ崎で最終調整を続ける。

 ○…ラクロスとは進学した明治大学で出合う。大学から始める人が多い競技で、代表に選出される環境もあるため、「4年間挑戦しよう」と意を決して入部。3、4年時には全日本学生選手権と全日本選手権を連続で制し、さらに最優秀選手にも輝いた。2017年W杯では代表で初めて主将を務めた。ポジションはMF(ミッドフィルダー)。攻守の要のような存在で、モットーは「チームが必要とするプレーの体現」。「自分よりもチーム」の精神を貫き、これまで日本ラクロス界のトップをひた走ってきた。

 ○…長崎県出身。大学進学を機に祖父母が住む茅ヶ崎へ。毎日4時56分の始発に揺られて通学し、練習に励んだ。「祖父母や両親、叔母に支えられてラクロスを続けられた」と感謝を口にする。夫はアメフトの現役選手。厳しい練習の合間の息抜きは、茅ヶ崎の海で過ごす時間。休みの土日は自転車で出かけ、砂浜で癒されている。

 ○…この5年間は、体格で上回る外国人と渡り合えるスピードと体力の向上にチームで取り組んできた。そこに「世界一」と自負するチームワークを加味し、自身2度目となる大一番に臨む。目標は歴代最高となる「5位以上」。そのためにも誰よりも走り、粘り強くボールを追いかけるつもりだ。「結果で多くの人に勇気、希望を与えたい」

茅ヶ崎版の人物風土記最新6

中橋 嘉久(よしひさ)さん

松竹で撮影監督を長年務め、茅ヶ崎映画祭のトークショーに出演する

中橋 嘉久(よしひさ)さん

中海岸在住 80歳

7月1日号

福本 富江さん

茅ヶ崎市内で女性初の剣道7段に昇段した

福本 富江さん

浜須賀在住 75歳

6月24日号

鈴木 理沙さん

6月29日からの女子ラクロスの世界選手権に日本代表の主将として出場する

鈴木 理沙さん

共恵在住 29歳

6月17日号

岩本 和子さん

茅ケ崎警察署に自らの作品4点を寄贈した油彩画家

岩本 和子さん

中海岸在住 87歳

6月10日号

細田 勲さん

茅ヶ崎市まちぢから協議会連絡会の会長に就任した

細田 勲さん

赤羽根在住 80歳

6月3日号

福嶋 大児さん

4月から茅ヶ崎郵便局の局長に就任した

福嶋 大児さん

小和田在住 56歳

5月27日号

小清水仏壇店 お盆セール

お仏壇ご奉仕価格 全商品仏具一式付きで1割~3割引き!

http://www.chigasaki-saijyou.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月1日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook