茅ヶ崎版 掲載号:2022年7月1日号 エリアトップへ

地元「なでしこ」 が躍動 松浦渚選手・内藤友花選手

スポーツ

掲載号:2022年7月1日号

  • LINE
  • hatena
なでしこリーグ2部でプレーする茅ヶ崎市出身の松浦選手(左)と内藤選手=提供写真
なでしこリーグ2部でプレーする茅ヶ崎市出身の松浦選手(左)と内藤選手=提供写真

 アマチュア女子サッカーの最高峰・なでしこリーグで、茅ヶ崎市出身の松浦渚選手(28・大和シルフィード)、内藤友花選手(28・ディアヴォロッソ広島)が活躍している。現在はともに2部リーグに所属。1部昇格に向けてしのぎを削る2人に、これまでの足跡と今後の展望を聞いた。

男子に混じって主将も

 赤羽根出身の松浦選手は5歳の時、4つ上の兄が所属していたサッカーチームの練習や試合についていくようになり自然と競技を始めた。

 松林小学校時代はFC松林ジョーズに所属。FWとして活躍し「点を取ることしか考えていなかった」と笑う。小学1年生のときから主将を務めるなどチームをけん引する存在だった。高校は女子サッカー界の名門・常盤木学園(宮城県)に進学。副主将として存在感を示し、高校総体では準優勝に輝いた。

 チームは13節を終えて3位。1部昇格をめざし奮闘中だ。「個人としてはまだまだ上手くなりたい」としながらも「自分というよりチームの一員として昇格にどう貢献できるか」と言い切る。

 地元の子どもたちには「苦しくてもあきらめないでサッカーを続けてほしい。それが将来、きっと自分に返ってくると思う」とエールを送る。

運動が大好きな少女時代

 内藤選手は矢畑出身。小学2年生の時、兄の練習についていったことをきっかけに、サッカーに夢中になった。「とにかく体を動かすのが大好きで、外でよく遊ぶ子どもだった」という。

 武器は強烈なキック力。思い出のプレーは2015年、大和シルフィード在籍時に横浜FCシーガルズ(現ニッパツ横浜FCシーガルズ)戦で決めたミドルシュートだ。相手のパスミスから生まれた好機に、ペナルティエリアの外側5メートル付近から豪快にゴールに突き刺した。

 20年の年末、体力の限界を感じ一度は引退したが、所属チームのなでしこリーグ昇格を機に昨夏、現役復帰を決めた。

 現在のチームではGKとFWの2つのポジションを任されている。目標は「ブランクを吹き飛ばし、活躍できる選手になること」。そのためにも、FWとしてはシュートの意識を高め、GKでは得点につながるロングフィード(前線に供給する長いパス)でのアシストを常にねらうなど、さまざまなプレーでチームに貢献するつもりだ。

 子どもたちには「サッカーを楽しむことの大切さ」を強調する。「ボールに触れた分だけ、上手くなります。夢を持って頑張ってほしい」

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6

手足口病が警報レベルに

手足口病が警報レベルに 社会

市が発令し注意喚起

8月12日号

エコイベントが盛況

茅ヶ崎JC

エコイベントが盛況 社会

学生参加し盛り上げ

8月12日号

伊映画『ひまわり』を上映

伊映画『ひまわり』を上映 文化

8月24日 市民文化会館で

8月12日号

フードバンクに寄付

フードバンクに寄付 社会

茅ヶ崎遊技場組合

8月12日号

野口さん宇宙の食語る

野口さん宇宙の食語る 経済

カップヌードル博物館で

8月12日号

「新型コロナかな」と思ったら

「新型コロナかな」と思ったら

抗原検査キットでセルフテストを

8月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月8日0:00更新

  • 7月1日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook