神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
茅ヶ崎版 公開:2024年3月22日 エリアトップへ

(公財)かながわ海岸美化財団の代表理事を務める 松浦 治美さん 藤沢市在住 66歳

公開:2024年3月22日

  • X
  • LINE
  • hatena

思いひとつに海をキレイに

 ○…バブル期、神奈川の海のイメージは「汚い」が第1位。汚名を返上しようと1991年、横須賀市走水海岸から湯河原町湯河原海岸まで、約150キロメートルの海岸の美化を目的に「かながわ海岸美化財団」が誕生した。主な活動は独自の海岸清掃に加え、ボランティアで取り組む人たちの支援。コロナ禍で縮小したボランティア活動も回復基調。3月3日には辻堂でウェブとリアル、同時の交流会を開催した。「これまで関わってくれた人の思いを大切に、人と人をつないで活動を拡大させたい」と意気込む。

 ○…代表就任は6年前。それ以前は県職員として、環境に配慮した国際基準ISOの取得促進や太陽光発電、電気自動車の普及など、県の施策推進に腕を振るった。大切にしたのが「人との縁」。代表となった今も、さまざまな会合に出席して自ら活動をアピールし、多くの企業からの支援を得てきた。「出会いを大切にしてくださる人に生かされている」と感謝を口にする。

 ○…藤沢で生まれ育った。幼い頃から海が好きで「普段は仕事で忙しい父とも一緒に過ごせた。家族の思い出の場ですね」と振り返る。学生時代は、物思いにふけったり、本を読んだりとリセットの場だったが、高校時代は別。入部したフェンシング部の基礎体力づくりが「海岸」だったからだ。「女子一人でも、容赦ない練習は辛かった」と苦笑する。

 ○…今後の展望について「5年、10年、長期的な見通しが必要」と表情を引き締める。人手不足や、物資の高騰といった社会課題は同団体にものしかかる。だが悲観はしていない。「海をキレイにしたい、という思いは一つ。自治体、企業、市民が協力して実現していきたい」

茅ヶ崎版の人物風土記最新6

奈良 英俊さん

3月19日付けで茅ケ崎警察署長に就任した

奈良 英俊さん

茅ヶ崎市在勤 57歳

4月19日

柴田 智美さん

「星空のスカート」を制作して環境問題を訴える

柴田 智美さん

浜之郷在住

4月12日

黒木 ちひろさん

茅ヶ崎市民文化会館で5月6日、初のホール公演を行う

黒木 ちひろさん

茅ヶ崎市内在住

4月5日

櫻井 貴基さん

第六天神社のほか、市内6神社の宮司に就任した

櫻井 貴基さん

十間坂在住 55歳

3月29日

松浦 治美さん

(公財)かながわ海岸美化財団の代表理事を務める

松浦 治美さん

藤沢市在住 66歳

3月22日

田嶋 小梅さん

茅ヶ崎公園をモデルに「防災機能と居場所」が融合する空間をデザインした

田嶋 小梅さん

松風台在住 23歳

3月15日

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月1日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

  • 11月10日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

春の時代絵巻 盛大に

春の時代絵巻 盛大に 文化茅ヶ崎市

奴頭は田中ことみさん

4月20日~4月21日

茅ヶ崎版のイベント一覧へ

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook