神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
茅ヶ崎版 公開:2024年4月12日 エリアトップへ

公示地価 住宅・商業地上昇率トップ 茅ヶ崎市 駅近需要続く

経済

公開:2024年4月12日

  • X
  • LINE
  • hatena

 国土交通省は、2024年の公示地価(1月1日時点の土地1平方メートル当たりの正常な価格)を3月に発表した。茅ヶ崎市の平均変動率は住宅地、商業地ともに、県内市区町村でトップとなる上昇率を記録した。

 茅ヶ崎市では、住宅地33地点、商業地5地点、工業地1地点の価格が発表された。

 住宅地では駅徒歩圏の需要が引き続き好調で、県内住宅地の上昇率10位以内に浜竹、赤松町、東海岸北の3地点が入った。2位となった「浜竹2の7の6」の1平方メートル当たりの価格は32万5000円で、前年(1平方メートル当たり28万8000円)から、12・8%の上昇となった。市内の住宅地の平均価格は1平方メートル当たり21万6000円(前年は20万4200円)、上昇率は5・2%となった。

 商業地ではコロナ5類移行による人流の活発化や、駅に近い地区でマンション建設が続くといった住宅需要などが追い風に。上昇率9位に入った「新栄町8の2」は1平方メートル当たり60万円となり、前年(1平方メートル当たり53万円)から13・2%の上昇となった。

 市全体の上昇率は川崎市川崎区と並ぶ8・8%で、前年を2・7ポイント上回る結果となった。

賃金・株価の情勢影響も

 不動産鑑定士の四家(しけ)俊英さん(湘南シティアプレイザル=平塚市=)は、今後の地価をめぐる情勢について「賃金や株価のアップといった景況感が上がらなければ、買い手が価格に追いつけずに高止まりし、伸び率が鈍化する可能性がある。そうした情勢をしっかり見極めていく必要がある」と話す。

㈱平和堂典礼

藤沢市辻堂神台2-2-41 0120-59-6999

https://heiwadou.com/sp/

<PR>

茅ヶ崎版のトップニュース最新6

茅ヶ崎グルメを歌で紹介

ミュージシャンハンサム判治さん

茅ヶ崎グルメを歌で紹介

12曲連続リリース

5月24日

「みどりの愛護」功労者に

柳島第二公園愛護会

「みどりの愛護」功労者に

前身団体から約80年活動

5月24日

自転車の安全運転を体験

自転車の安全運転を体験

今年度から全市立小で実施

5月17日

ホノルルでの交流を報告

市青少年海外派遣団

ホノルルでの交流を報告

小学生4人 が3月に現地へ

5月17日

「空き家バンク」開始

茅ヶ崎市

「空き家バンク」開始

活用促進へ専用サイト

5月10日

大型店でスタンプラリー

大型店でスタンプラリー

経済活性を創出 31日まで

5月10日

<PR>

あっとほーむデスク

  • 3月1日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

  • 11月10日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

里山マルシェが10周年

里山マルシェが10周年 文化茅ヶ崎市

6月2、3日「北部を元気に」

6月2日~6月3日

茅ヶ崎版のイベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月29日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook