平塚版 掲載号:2018年6月7日号
  • googleplus
  • LINE

青少年の健全育成のために農業体験や学習支援などユニークな活動に取り組む 堤 園子さん 寺田縄在住 43歳

地域の宝の未来を応援

 ○…地元の農家から野菜作りを学ぶ農業体験や食事と居場所を提供する子ども食堂、無償で学習支援を受けられるスペースなど、子供たちを中心に地域の人々が接点をもつ機会を創出する。昨年7月には仲間たちとNPO法人未来経験プロジェクトを立ち上げ、今年5月に金目に住む小中学生を対象に家庭学習を無償でサポートする「金目の寺子屋」をスタート。支援の幅を広げている。

 ○…絵を描き始めると一日で1冊のスケッチブックを塗りつぶすほど熱中しやすい子供で、中高生の時は七夕まつりのごみ拾いや友好都市との交流事業に参加し地域活動に熱心に取り組んだ。「人と人とが集まる場所を設計したい」と大学で建築学を専攻したのち設計事務所に勤務。二宮にある児童養護施設の職員、平塚市役所の嘱託職員を務めるなど、多彩な経歴をもつ。

 ○…「まだまだやりたいことが150個くらいある」と手帳には走り書きした目標が羅列する。休日には趣味のウクレレを弾いたり、愛車のバイクST250でツーリングに出かけたりして一息。これまで苦手だとして避けてきたマラソンに今年初挑戦、山中湖一周13・6Kmの道のりを「一度も歩くことなく完走したよ」と充実した表情をみせる。

 ○…心に残るのは幼少時、友人の母親からの「あなたに何かがあったら絶対に助けてあげる」という言葉。大人になっても、折に触れて相談に乗ってもらい地域の中で誰かに支えられながら育ってきたことを実感した。今後は、スーパーで食べられるのに廃棄される食品を無駄なく地域内で循環させる仕組みづくりを構想する。「地域のつながりの中で子供たちを見守り、受け止め、サポートする “地域のおばちゃん”に、私もなれたら」とほほえんでいる。

平塚版の人物風土記最新6件

塩田 貞吉さん

「湘南ひらつかふれあいマーケット」出店会の会長を務める

塩田 貞吉さん

6月21日号

永田 勝実さん

竹遊会の会長でリトアニア共和国に寄贈した花籠を編んだ

永田 勝実さん

6月14日号

根岸 吉治さん

馬入花畑の会の会長を務める

根岸 吉治さん

5月31日号

古田 玄さん

神奈川県弁護士会県西支部の支部長に就いた

古田 玄さん

5月24日号

小橋 恵子さん

県傾聴赤十字奉仕団 平塚分団の委員長に就任した

小橋 恵子さん

5月17日号

板垣 達也さん

(一社)平塚市観光協会の事務局長に就任した

板垣 達也さん

5月10日号

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月21日号

お問い合わせ

外部リンク