平塚版 掲載号:2018年9月27日号 エリアトップへ

新米「はるみ」収穫シーズン 生産者3年連続「特A」に期待

文化

掲載号:2018年9月27日号

  • LINE
  • hatena
コンバインで稲刈りする生産者(提供写真)
コンバインで稲刈りする生産者(提供写真)

 日本穀物検定協会の「米の食味ランキング」で、最高ランクの特Aを2016年度から2年連続で獲得した平塚産まれのブランド米「はるみ」が収穫シーズンを迎えた。

 真田地域で23日、生産者らが田んぼにコンバインを走らせて、たわわに実った黄金色の稲穂を刈り取った。生産者は生育について、「猛暑の影響で収穫量は減っているが、

今年も特A評価を獲得できるような良いものができた」と話していた。

 はるみは、JA全農営農・技術センター(東八幡)がキヌヒカリとコシヒカリを掛け合わせて開発し、2014年に品種登録された。ツヤと甘みがあり、冷めても美味しいと評価されている。

 特A評価を獲得すると知名度は上がり、JA湘南大型農産物直売所「あさつゆ広場」では17年度米が6月に完売するなど、人気商品になった。

 生産者の間でもキヌヒカリからはるみへの転換が進み、集荷量は一昨年と比べて3倍以上に増加。米の栽培面積が県内1位のJA湘南管内(平塚市、大磯・二宮町)では、今年度の集荷量を947・5トンと想定。はるみは、全体の74%にあたる700トンの収穫量を見込んでいる。

 はるみの新米は、28日からあさつゆ広場などで販売開始となる。
 

平塚版のトップニュース最新6

学生目線で団地再生

東海大学

学生目線で団地再生 教育

県住宅供給公社と連携協定

1月23日号

「安全対策」を明文化

教育大綱改訂

「安全対策」を明文化 社会

土屋小れき死事故うけ

1月23日号

「情熱」を胸に前進

湘南ベルマーレ

「情熱」を胸に前進 スポーツ

節目の年に決意表明

1月16日号

江戸の暮らし読み解く

江戸の暮らし読み解く 文化

栁川家古文書 博物館で展示

1月16日号

浮嶋体制 新シーズン始動

ベルマーレ

浮嶋体制 新シーズン始動 スポーツ

12日、新春Showでチーム披露

1月9日号

民間事業者を選定

中央図書館

民間事業者を選定 社会

窓口業務を委託へ

1月9日号

ツインまちびらきへ

ツインまちびらきへ 政治

落合市長 2020年の展望語る

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月23日0:00更新

  • 1月16日0:00更新

  • 1月9日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月23日号

お問い合わせ

外部リンク