平塚版 掲載号:2018年11月1日号 エリアトップへ

「1761スタジオ」の代表で、「平塚地下道ミュージアム」に参加している 岩崎 夏子さん 平塚市出身 32歳

掲載号:2018年11月1日号

  • LINE
  • hatena

アートでまち盛り上げる

 ○…若手アーティストのギャラリー兼アトリエとして「1761スタジオ」(袖ケ浜)を仲間とオープンしたのが3年前。「作品を創作したり、展示したりする場所が欲しかった。美術家と地域をつなげる場所として『伝える・繋がる・広がる』がコンセプト」と振り返る。スタジオでは湘南地域を中心に活動する美術家が集い、定期的に展示を企画。平塚の街との関わりはスタジオの外にも広がり、中央地下道で制作中の「平塚地下道ミュージアム」にも参加している。「駅前が明るくなるといいですね」

 ○…4歳から絵画教室に通い、アートは自己表現のための大切な手段となった。多摩美術大学で日本画を専攻。「自然物が一番美しい」と、花や虫、人間の骨格などをモチーフにしてきた。無駄なものをそぎ落としたシンプルな線に、淡い色を重ねた作品からは、意志の強さと繊細さが感じられる。日本橋の三越本店や東京国際フォーラム内でも個展を開くなど活躍している。

 ○…美術教師を務める私立高校では、美術家としての感性を生かして生徒に芸術とは、と問いかける。「アートは多様性を表現している。観る側にも、受け入れる心が必要」と長期休みのたびに美術鑑賞の課題を出し、交換日記のように感想をやりとりする。「わからなくても、わからないと思うことから探求が始まるから、いいんです」と生徒の成長が楽しみだ。

 ○…なでしこ小学校、浜岳中学校の出身で、アトリエがあるのはその通学路。市美術館には小さい頃からよく訪れていた。「大きな階段と開けた空間が好きだった。無意識に取り込んできた感性が大人になって形になる。まちの中にアートがあることが重要なんです」と、愛着のある平塚に芸術を根付かせたい。

平塚版の人物風土記最新6

水嶋 祥貴さん

匠の技術に国がお墨付きを与える「グッドスキルマーク」に認定された

水嶋 祥貴さん

万田在住 42歳

5月23日号

鳥山 優子さん

平塚商工会議所女性会の会長に就任した

鳥山 優子さん

(株)ビッグプランナー副代表 63歳

5月16日号

二見 義和さん

平塚商工会議所青年部(平塚YEG)の会長に就任した

二見 義和さん

アサヒ地所社長 43歳

5月1日号

清水 浩三さん

湘南NPOサポートセンターで、メインライターとして市民活動を取材する

清水 浩三さん

平塚市日向岡在住 66歳

4月25日号

目黒 広一(ひろいち)さん

第62回「農民文学賞」を受賞した

目黒 広一(ひろいち)さん

西八幡在住 73歳

4月18日号

赤木 眞さん

4月1日付で平塚市消防本部の第20代消防長に就任した

赤木 眞さん

岡崎在住 58歳

4月11日号

松澤 周平さん

東京ヴェルディ1969のトップチームで通訳を務める

松澤 周平さん

平塚学園高卒 22歳

4月4日号

あっとほーむデスク

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 12月20日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

街歩きでアジサイ鑑賞

街歩きでアジサイ鑑賞

スターモール商店街などで

6月1日~6月21日

平塚版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月23日号

お問い合わせ

外部リンク