平塚版 掲載号:2018年12月6日号 エリアトップへ

ベルマーレ J1残留「自力」で奪取 最終節で名古屋とドロー

スポーツ

掲載号:2018年12月6日号

  • LINE
  • hatena
自力で残留を決めてサポーターと喜ぶ選手ら(提供写真)
自力で残留を決めてサポーターと喜ぶ選手ら(提供写真)

 5チームによる大混戦で残留を争ったJ1リーグ最終節が1日に行われ、パロマ瑞穂スタジアムで名古屋グランパスと戦った湘南ベルマーレは2対2の引き分けで、勝ち点1を奪って自力で残留を決めた。戦績は10勝11分け13敗、勝ち点は41となり、13位で今シーズンを終えた。

 湘南は「引き分け」以上で残留が確定するなか、序盤から普段通りの攻撃的なスタイルを貫いた。

 前線からボールを追いかけ、守備から攻撃のリズムを掴むと前半19分、金子大毅の左クロスを菊地俊介が倒れながら左足で合わせて先制点を呼び込んだ。同37分には、ドリブルで相手3人を抜き去った山根視来がペナルティエリアでファールを誘ってPKを獲得。これを梅崎司が落ち着いて決めて、2点リードで前半を折り返す。

 後半は、負けるとJ1参入プレーオフに回る名古屋が攻勢を強めた。後半22分に杉岡大暉のファール、同30分は坂圭祐のハンドで2つのPKを献上して追いつかれたが、選手は冷静だった。

 「あと一歩、数センチ」の間合いを大事にする曺貴裁監督の下で磨いた全員守備でボールに詰めて相手の攻撃の芽を摘み、ゴール前では身体を投げてシュートをブロックするなど猛攻に耐え抜いた。

 残留を決定づける終了のホイッスルが鳴ると、監督やスタッフ、選手が抱き合って喜んだ。

 曺監督は試合後、選手をねぎらい、「ルヴァン杯の優勝、J1残留を次のステップにしていかなければならないと思う」と話した。菊地俊介は「残留できてホッとしている。J1で7点取れて充実したシーズンだった」と今季を振り返った。

 残留争いは勝ち点41に湘南を含む5クラブが並ぶ結果となり、川崎Fに敗れたジュビロ磐田が得失点差で16位に後退し、プレーオフに回った。
 

平塚版のトップニュース最新6

学生目線で団地再生

東海大学

学生目線で団地再生 教育

県住宅供給公社と連携協定

1月23日号

「安全対策」を明文化

教育大綱改訂

「安全対策」を明文化 社会

土屋小れき死事故うけ

1月23日号

「情熱」を胸に前進

湘南ベルマーレ

「情熱」を胸に前進 スポーツ

節目の年に決意表明

1月16日号

江戸の暮らし読み解く

江戸の暮らし読み解く 文化

栁川家古文書 博物館で展示

1月16日号

浮嶋体制 新シーズン始動

ベルマーレ

浮嶋体制 新シーズン始動 スポーツ

12日、新春Showでチーム披露

1月9日号

民間事業者を選定

中央図書館

民間事業者を選定 社会

窓口業務を委託へ

1月9日号

ツインまちびらきへ

ツインまちびらきへ 政治

落合市長 2020年の展望語る

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月23日0:00更新

  • 1月16日0:00更新

  • 1月9日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月23日号

お問い合わせ

外部リンク