平塚版 掲載号:2020年1月1日号 エリアトップへ

東海大学駅伝チーム 往路・復路優勝での2連覇目指す 第96回箱根駅伝、明日号砲

スポーツ

掲載号:2020年1月1日号

  • LINE
  • hatena
東海大学陸上競技部駅伝チーム
東海大学陸上競技部駅伝チーム

 東京大手町―箱根芦ノ湖間を往復する新春の風物詩「第96回箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝競走)」(関東学生陸上競技連盟主催)が、1月2日(木)と3日(金)に行われる。昨年、創部初の総合優勝を果たした地元東海大学陸上競技部駅伝チーム(両角速駅伝監督)は、大会2連覇に挑む。

 今大会には4年生8人、3年生5人、2年生1人、1年生2人がエントリーしている。うち、昨年も選ばれていた選手は9人。16選手中「黄金世代」と評される4年生が8人、さらに前回出走選手は7人という層の厚さから、東海大は「勝って当たり前」という周囲の期待とプレッシャーを背負い挑むことになる。

 10月に行われた「出雲駅伝」で、東海大は3位の東洋大学とわずか9秒差で表彰台を逃した。しかしこの時、塩澤・西田・市村選手が結果を残し2・3年生が台頭。この3週間後の全日本大学駅伝では2位の青山学院大学に1分44秒の大差をつけ優勝し、箱根駅伝王者の意地を見せた。

 一方で、昨年までの3年間6区を任されていた中島怜利選手が、メンバーから外れてしまった。「現メンバーに6区経験者がいないので、ここが一番大事なポイントになるのではないかと考えている」と、両角監督は話す。

 駅伝当日に向け、チームの仕上がりは上々だという。しかし、東海大同様に層の厚さがある駒澤大学や、「勢いに乗ればわからない」という帝京大学や国学院大学など警戒すべき強豪は多い。

 「各大学に持ち味があり、それ故に今は『駅伝戦国時代』。最後まで接戦になる可能性もあるので気は抜けない」と監督。昨年は往路・復路とも2位のタイムで総合優勝を果たしたが、今年は「完全優勝」を目指す。

選手を支える裏方のトップ

 選手のサポートなど裏方で支える一人として活動してきた駅伝主務の中山駿さん(4年)=写真。マネージャーのトップを務める。自身も競技経験を持つが、マネージャーとして甲子園出場チームを支えた友人を見て、入学してすぐマネージャーとして入部。故障なく、選手たちが万全の状態で当日を迎えられるよう全力を尽くす。
 

平塚市選挙管理委員会

衆議院議員総選挙の投票日は10月31日です。期日前投票もご活用ください。

http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/senkyo/index.html

<PR>

平塚版のローカルニュース最新6

海のごみ問題を知る

海のごみ問題を知る 社会

市民団体らが検証

10月21日号

新米を100人に

新米を100人に 文化

24日「朝市」

10月21日号

海街フェス開催

海街フェス開催 文化

自然素材の工作も

10月21日号

福祉ボラスクール

福祉ボラスクール 社会

参加者募集中

10月21日号

不登校の不安を共有

不登校の不安を共有 教育

保護者向け談話開催

10月21日号

着物リメイク「ちくちく展」

意見広告・議会報告政治の村

  • 日本を前に進める

    特別対談

    日本を前に進める

    河野太郎 前ワクチン接種担当・規制改革相×牧島かれん デジタル相

    10月14日号

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月30日0:00更新

  • 9月23日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook