平塚版 掲載号:2020年5月14日号 エリアトップへ

平塚市 「10万円給付」受付スタート 5月下旬から支給へ

政治

掲載号:2020年5月14日号

  • LINE
  • hatena
臨時給付金担当の窓口
臨時給付金担当の窓口

 新型コロナウイルス感染拡大をうけ、国が緊急経済対策として行う一律10万円の特別給付。平塚市は11日からマイナンバーカードによるオンライン申請の受付を開始、5月下旬から支給する。申請書の郵送は5月末から始まる。※中面に関連情報

 給付の対象は、2020年4月27日現在で住民基本台帳に記録されている人で、市内の対象者はおよそ25万7千人。申請すれば1人につき10万円が世帯主の銀行口座に一括で振り込まれる。

 マイナンバーカードによるオンライン申請は、世帯主のみが行え、世帯全員の申請ができる。パソコンやスマートフォンから「マイナポータル」(https://app.oss.myna.go.jp/Application/search)にアクセスし、振込先口座など必要事項を記入した上で、口座の確認書類をアップロードし電子署名により行う。

 給付時期は申請の受理から3週間程度。申請期限は、郵送申請の受け付け開始から3カ月以内となるため、平塚市の場合は8月末〜9月初旬となる見通しだ。

 オンライン申請に必要となるマイナンバーカードは取得までに1カ月程度かかるため、市では給付金の申請期限を過ぎないよう注意を呼びかけている。市臨時給付金担当によると市内のマイナンバーカード登録者数はおよそ4万5千人、人口の17%程度にとどまる。

 一方、市は申請書の郵送を5月末から開始する。原則、世帯主あてに送られる申請書に記入し、口座の確認書類と本人確認書類を返信用封筒で市に提出する。

 市では6月上旬の受け付け開始を目指す。給付時期はオンライン申請と同様、申請の受理から3週間程度となる。

コールセンター開設

 給付金担当によると、4月末ごろ、市民からの問い合わせが急増した。「電話が鳴りやまない状況」で、窓口にも連日40人を超える人が訪れるなど混雑が続いている。

 市では「3密」を避けるため職員数を減らして業務にあたっている。こうした背景もあり、市は1日から当面の間、総合相談コールセンターを開設。特別給付金のほか、ひとり親家庭への給付など幅広い問い合わせに対応している。

 担当者は「窓口が大変混雑しウイルス感染も懸念されるため、コールセンターを活用してください」と呼びかけている。

 問い合わせは総合相談コールセンター【電話】0463・20・8143(土日祝を除く午前8時30分〜午後5時)へ。

平塚版のトップニュース最新6

市内全チームが出場

高校野球代替大会

市内全チームが出場 スポーツ

晴れ舞台にむけ球児ら汗

7月2日号

回転寿司、焼肉店など決定

見附台再開発

回転寿司、焼肉店など決定 社会

民間施設のテナント誘致

7月2日号

旭出張所に最新鋭救急車

平塚市消防本部

旭出張所に最新鋭救急車 社会

ウイルス感染防止装置も

6月25日号

市内彩る七夕企画続々

市内彩る七夕企画続々 文化

元気届けるきっかけに

6月25日号

市内で「食」の支援続々

市内で「食」の支援続々 社会

企業やNPOなどが実施

6月18日号

仲間で協働 シールド製作

市内中高生

仲間で協働 シールド製作 社会

223個を教育・医療機関に

6月18日号

あっとほーむデスク

  • 7月2日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

  • 6月4日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月2日号

お問い合わせ

外部リンク