平塚版 掲載号:2020年9月17日号 エリアトップへ

平塚在住小説作家 遠坂カナレさん新作発売 地元から物語のヒント

文化

掲載号:2020年9月17日号

  • LINE
  • hatena
サクラ書店ラスカ平塚店のブース
サクラ書店ラスカ平塚店のブース

 平塚市在住の作家・遠坂カナレさん(ペンネーム)が今年、2冊の本を出版した。「平塚市での生活から物語をひらめくこともある」といい、今後は「一冊まるごと七夕まつりの物語を書きたい」と地元への愛を話した。

 遠坂さんは平塚市在住でキャラクター文芸やライトノベルで活躍する作家。作品の世界観を壊さないように年齢・性別・顔写真は非公表だが、新作を発売したことに伴い取材に応じてくれた。

 デビュー作は『おとこまえ天狗のあやかし学食ごはん』(2019年、税抜630円、メゾン文庫)。複数の出版社・メディア共同のコンテスト「エブリスタ小説大賞2018」でメゾン文庫賞を受賞した。その後は2作目『上野発、冥土行き寝台特急大河〜食堂車で最期の夜を〜』(税抜650円、二見書房)を今年5月11日に、3作目『植物ヲタな料理男子が、異世界で王立海軍の専属料理人になりました!』(税抜650円、コスミック出版)を今年8月20日に上梓した。

 「七夕まつりと総合公園が大好き」と話す遠坂さんは最新作の3作目を市内の行きつけの八百屋からイメージをふくらませた。「植物の知識を生かしたおいしい料理が出てくる話を思いついた」と話したほか、2作目の番外編では平塚の七夕まつりを舞台にするなど市内での暮らしから物語のヒントを得ている。

 「上手く生きられない主人公ばかり書いている」と遠坂さん。「現実で辛い思いをしている人が読んだときに勇気づけられれば。いつか一冊まるごと七夕まつりをテーマに書きたい」と話す。

サイン本プレゼント

 2・3作目のサイン本を各1人に進呈。希望者は、はがきに住所と名前、本紙の感想を記入し〒254-0032平塚市八千代町1の23タウンニュース社「平塚プレゼント係」へ応募を。9月29日(火)必着。発表は発送をもって引き換える。

創業1951年、老舗のお餅

お雑煮や鍋の具に、さっと焼いて好みの味で。オンライン販売あり。

https://www.navida.ne.jp/snavi/100577_1.html

横浜幸銀信用組合平塚支店

平塚支店12月6日、平塚駅北口ロータリーに移転オープン

https://www.yokohamakougin.co.jp/

<PR>

平塚版のトップニュース最新6

軽石の漂着に備え

軽石の漂着に備え 社会

市職員が海岸を巡回

12月2日号

平塚駅がテロ対策訓練

平塚駅がテロ対策訓練 社会

警察と連携、実地指導も

12月2日号

2作品が全国へ

圏央道の宝物グランプリ

2作品が全国へ 経済

SDGsジビエパイがV

11月25日号

カピバラ来春公開へ

平塚市

カピバラ来春公開へ 社会

ふれあい動物園を整備

11月25日号

市が着工延期を決定

龍城ケ丘プール跡地

市が着工延期を決定 政治

塩・風害の調査のため

11月18日号

地域参画で学校運営

コミュニティ・スクール

地域参画で学校運営 教育

来春 市内4校に試験導入

11月18日号

MADOショップ平塚真土店

省エネ・結露・防音・防犯にあったか「内窓」はいかが

http://kobayashikenso.co.jp

横浜幸銀信用組合平塚支店

平塚支店12月6日、平塚駅北口ロータリーに移転オープン

https://www.yokohamakougin.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 12月2日0:00更新

  • 11月4日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook