平塚版 掲載号:2020年10月8日号 エリアトップへ

9月3日付で平塚警察署の第68代署長に着任した 鎌田(かまだ) 耕造さん 市内在住 57歳

掲載号:2020年10月8日号

  • LINE
  • hatena

母の遺志 職務に注ぐ

 ○…新型コロナ感染拡大をうけ、着任直後の訓示はおよそ30人の幹部のみを集めて行った。「世のため人のために働いてほしい。市民の期待に応えてほしい」。そしてこう加えた。「コロナ禍にあってご苦労様です。健康にはどうか十分注意してください」。初めての赴任先となった平塚警察署は、およそ350人の大所帯。署員に対しては、親心に似た思いをもって接している。

 ○…秋田県岩城町(現・由利本荘市)の農家に生まれた。金足農業高校を卒業後は農家の道も考えたが「港町・横浜へのあこがれが当時強くてね」と上京。神奈川県警の採用試験を受けた。「危険な仕事だ」と親族からは反対にあったが、今は亡き母だけは「世のため人のため、立派に勤めなさい」と背中を押してくれた。以来、母がかけてくれた言葉は自身の座右の銘になった。

 ○…これまで、地域課や交通課、警備課、刑事課などでオールラウンドに活躍し、2015年には松田警察署長も務めた。平塚市内の官舎に暮らして間もなく1カ月。「道は広くて平坦な所が多い。宿場町の名残もありながら、大型商業施設など生活の利便性も高いですね」と、新生活にも満足した様子だ。だからこそ「住みよい平塚の安心、安全を署員一丸で守らないと。『世のため人のため』を合言葉に職務を遂行します」

 ○…趣味は野球観戦とサイクリング。母校の金足農業が、2018年夏の甲子園で準優勝した時は「心から誇らしかった」と胸を張る。今はゆっくり休暇を過ごす余裕はないというが「いつか時間ができたら、平塚市内を自転車でまわり、平塚球場にも立ち寄ってみたいですね」とにっこり。地域防犯の新たな舵取り役は、穏やかな人柄で使命感に満ちていた。

平塚版の人物風土記最新6

川合 庶(ちかし)さん

産業能率大学女子ビーチバレー部ヘッドコーチを務める

川合 庶(ちかし)さん

市内在住 54歳

10月22日号

矢澤 秀成(ひでなる)さん

育種家として第一線で活躍する花菜ガーデンのヘッドガーデナー

矢澤 秀成(ひでなる)さん

市内在勤 53歳

10月15日号

鎌田(かまだ) 耕造さん

9月3日付で平塚警察署の第68代署長に着任した

鎌田(かまだ) 耕造さん

市内在住 57歳

10月8日号

ダビド・ガーダオさん

夕陽ケ丘でクラフトビールの醸造所を運営している

ダビド・ガーダオさん

藤沢市在住 42歳

10月1日号

田中 裕介さん

9月27日に開かれる「市民演劇フェスティバル」の実行委員長を務める

田中 裕介さん

西八幡在住 39歳

9月24日号

小林 三四郎さん

花菜ガーデン園長に今年2月就任した

小林 三四郎さん

市内在勤 55歳

9月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月1日0:00更新

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク