平塚版 掲載号:2021年8月26日号 エリアトップへ

官民連携 移動販売車で熱中症予防 地域の見守り もう一役

コミュニティ社会

掲載号:2021年8月26日号

  • LINE
  • hatena
買い物客にイオン飲料を手渡す川口さん
買い物客にイオン飲料を手渡す川口さん

 地域の高齢者に対して、移動販売車「とくし丸」のドライバーが熱中症予防の呼びかけを8月2日から実施している。平塚市と大塚製薬株式会社横浜支店と株式会社しまむらの3者の協働。移動販売車による予防啓発は県内初。

 平塚市では昨年78人が熱中症により緊急搬送され、そのうち半数以上が高齢者だった。とくし丸の利用者は9割以上が移動手段の確保が難しい高齢者などの交通弱者であることから3者の連携に至った。熱中症の発生場所は住居が多いため、地域の見守りも担う移動販売車に期待がかかっている。

 啓発活動の実施期間は10月27日まで。熱中症警戒アラート発令時、市内全域に展開する4台の移動販売車が車両扉に啓発マグネットポスターを貼付。ドライバーが買い物客に向けて啓発リーフレットを配布し、高齢者の熱中症リスクや水分補給の方法について説明する。加えて8月15日までは、大塚製薬が提供するイオン飲料のサンプルが配布され、水分・電解質補給を呼びかけた。

 普段からとくし丸を利用する宮前江利子さん(68)は「とても助かっている。母も熱中症の話を聞いてからは自室に飲み物を持っていくようになった」と話した。

 約3年、地域の人々と接してきたドライバーの川口倫史さん(49)は「高齢の方は自分で症状に気付きづらい場合もある。一人住まいの方は特に気を付けて見守っていきたい」と意気込んだ。

平塚版のトップニュース最新6

灯ろう浮かべ、平和希求

灯ろう浮かべ、平和希求 社会

総合公園で市民イベント

8月11日号

金目小の道越さん全国へ

バドミントン女子

金目小の道越さん全国へ スポーツ

初舞台に向け意気込み

8月11日号

手術支援ロボ 10月稼働へ

平塚市民病院

手術支援ロボ 10月稼働へ 社会

国産機導入は県内初

8月4日号

子どもの宿題お助け

市地区図書館

子どもの宿題お助け 教育

夏休み期間中、月曜開館

8月4日号

囲碁の高校全国大会へ

横内在住尾島さん

囲碁の高校全国大会へ 教育

平常心で「ベスト16目指す」

7月28日号

聞かせて子育てママの声

母親グループ

聞かせて子育てママの声 教育

1000人目指しアンケート

7月28日号

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月5日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook