大磯・二宮・中井版 掲載号:2011年6月24日号
  • googleplus
  • LINE

第25回定期演奏会を開催する「あがつま合唱団」の団員 古瀬 泰子さん 二宮町在住 

心寄せ合うハーモニー

 ○…7月3日(日)にラディアン(二宮町生涯学習センター)ホールで第25回定期演奏会を開く「あがつま合唱団」のメンバー。隔年で定期演奏会を催している混声の同合唱団は昨年創立50年を迎え、今回は節目のコンサートにあたる。合唱曲集「空に、樹に」、さだまさし作曲「北の国から」、子どもたちにもおなじみのディズニー映画やアニメの名曲集など多彩なプログラムを組んでいる。「聴いて下さる方へ、歌の思いが伝わるステージをお届けしたい」と語る。ゲネプロ(通しリハーサル)を終え、本番間近の練習に熱が入る。

 ○…歌うことが好きで、転勤族だった生活が二宮に落ち着いたこともあり、29年前に入団。ソプラノパートを歌う。1996年からの8年間は会長を務めた。現在、約30人が毎週土曜日に練習を積みながら定期演奏会や二宮合唱祭、近隣で開催される湘南合唱祭などに参加している。ボイストレーニングにも励み、「喉を大きく開いてお腹を使い、からだ全体で歌っています。練習の初めに体操をしますし、(合唱は)文化系のイメージとは反対の運動系ですね」と微笑む。

 ○…団員の気持ちが一つになって生まれる美しいハーモニーが、合唱の醍醐味だと話す。「歌声をみんなで作り上げていく楽しさ。お客さんの反応とともに、残響が舞台に返ってくる時の素晴らしさもあります」。40周年記念演奏会で「ガラスのうさぎ」を歌った際は思わず感情が極まり、客席からも涙がこぼれていたそう。「本当は、歌う側が泣いてしまってはダメなんですけれどね」。

 ○…横浜生まれ。子どもの頃はラジオから流れる童謡や抒情歌に親しんだ。学生時代は生物部に所属。歌に心を寄せ、動植物を愛しむ精神は「穏やかに楽しく生きる」人生に通じている。職場の合唱グループで一緒に歌っていた御主人とは今も合唱仲間。予定が同じなので、互いに気兼ねせず外出できるのがよいとか。
 

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6件

岩崎 久人(ひさと)さん

能・狂言の面(おもて)を40年以上打ち続け、大磯町で個展を開く

岩崎 久人(ひさと)さん

3月16日号

加藤 喜規さん

OISO学び塾で後藤濶について講演した

加藤 喜規さん

3月9日号

三好 祐太さん

二宮町商工会青年部主催のイベント、みかんモザイクアート制作の実行委員長を務めた

三好 祐太さん

3月2日号

枝崎 恵治さん

確定申告期を迎える平塚税務署長

枝崎 恵治さん

2月23日号

室伏 正昭さん

2017年度の神奈川県体育功労者表彰を受けた

室伏 正昭さん

2月16日号

大日方(おびなた) 邦子さん

平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

2月9日号

大磯・二宮・中井版の関連リンク

あっとほーむデスク

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

面打ち岩崎さん個展

面打ち岩崎さん個展

大磯で初の作品発表

3月23日~4月3日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク