大磯・二宮・中井版 掲載号:2011年8月26日号
  • googleplus
  • LINE

9月3日ラディアンで行う『うらかぜ吹奏楽団』演奏会で指揮を務める 乙幡 直さん 大磯町在住 27歳

音楽の楽しさを感じて

 ○…「来場して頂いた方が演奏を楽しんで頂けるよう、私たちも同じように楽しんで演奏したい」と、多くの人に語りかけるような柔らかな表情を見せる。9月3日に二宮町生涯学習センター(ラディアンホール)で『うらかぜ吹奏楽団第9回定期演奏会』を開催、指揮者を務める。当日の曲目はくるみ割り人形、風紋、栄光のすべてにほか、アンサンブルステージも用意している。「曲は誰もが一度はどこかで聞いたことあるようなものを選びました。来場者は1回目から来て頂いている方や、親子で来てくれる方もいます。うれしいです」と話す。演奏をするラディアンのホールは約500名が入る大ホール。「狭い所で練習しているので、大ホールでの演奏となると音の調整が難しくて」。そこが唯一の不安とか。しかし、「仲間の息はぴったり」ですと自信を見せる。

 ○…現在、大磯町立国府中学校の教師。生徒からは「おっつー」と呼ばれているとか。「おつはたと呼ばれることはあまりないですね。友達も生徒からもこの名で呼ばれています」と。教師になることは学生時代からの夢だったという。「何かを教えたり、議論することが好きだったので」と話す。中学時代から吹奏楽部に入り活躍。「当時の仲間、先輩、先生の指導がとてもよく、充実した中学生時代を送っていました。中学の先生になりたいと思ったのもこの頃です」と振り返る。

 ○…うらかぜ吹奏楽団の団員として活動して約10年。定期演奏会のほか老人ホーム慰問やクリスマスコンサートなど様々な所で活動している。「私たちの演奏を通じて吹奏楽を楽しいと思ってくれる人を増やしたい」と話す。指揮者も体力を相当使うのではと問いかけると「演奏会一本をこなすとぐったりですね。昔はまだ大丈夫でしたが最近は特にね」と苦笑い。「今後は少し体力作りをしていかなければいけませんね」と自分に言い聞かせるように話した。
 

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6件

岩崎 久人(ひさと)さん

能・狂言の面(おもて)を40年以上打ち続け、大磯町で個展を開く

岩崎 久人(ひさと)さん

3月16日号

加藤 喜規さん

OISO学び塾で後藤濶について講演した

加藤 喜規さん

3月9日号

三好 祐太さん

二宮町商工会青年部主催のイベント、みかんモザイクアート制作の実行委員長を務めた

三好 祐太さん

3月2日号

枝崎 恵治さん

確定申告期を迎える平塚税務署長

枝崎 恵治さん

2月23日号

室伏 正昭さん

2017年度の神奈川県体育功労者表彰を受けた

室伏 正昭さん

2月16日号

大日方(おびなた) 邦子さん

平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

2月9日号

大磯・二宮・中井版の関連リンク

あっとほーむデスク

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

面打ち岩崎さん個展

面打ち岩崎さん個展

大磯で初の作品発表

3月23日~4月3日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク