大磯・二宮・中井版 掲載号:2013年5月17日号
  • googleplus
  • LINE

第42回JRAホースショー大障害飛越競技で優勝した 池田 弘彰さん OISO乗馬クラブ代表 44歳

人馬一体で夢へ跳躍

 ○…「馬との呼吸が合ってみごとな飛越ができた時は、まさに醍醐味を感じる瞬間」と笑顔が弾ける。オリンピック日本代表をはじめ国内外のトップ選手が出場した3月の国際馬術掛川2013。「10年前は観客として見ていた」という世界大会の大障害クラスCSIグランプリGUCCI GOLD CUPで第2位に入った。5月の連休中に行われた第42回JRA馬事公苑馬術大会(JRAホースショー)では大障害飛越競技で優勝を飾った。

 ○…飛越競技はコース内に設置した障害物を飛び越える技と速さを競う。中障害クラスから160cm高の大障害でも活躍するようになったのは4年ほど前から。「このクラスを飛べる馬は国内に30数頭しかいない」と話す。欧州で出会った素質のある3歳馬を日本に連れて来て調教し、人馬一体となって歩んできた。

 ○…限られた人だけのスポーツと思われがちな乗馬だが、「父が趣味でやっていた程度。サラリーマンの家に育った」。始めたのは長野県に住んでいた小学校高学年。サイクリングに出掛けた先にあった乗馬クラブで「毎朝餌をやりに来たら、タダで馬に乗せてあげる」と言われた。登校前に片道6Kmを自転車で通い、放課後は新聞配達をして再びクラブへ。「真っ暗な山道を行きは1時間。帰りは10分。クラブの人の厚意に途中で『辞める』とは言えなかった」と思い出を語る。

 ○…神奈川へ移ってからも馬術を続け、高校時代は3年連続国体出場。大学卒業後は内定を受けた企業を断り、乗馬クラブに勤めた。十数年前、一念発起して大磯に土地を見つけ、OISO乗馬クラブを設立。廃材を利用して厩舎やクラブハウスを造った。「家庭もある身で『やるしかない』という信念だけだった」。

 ○…ワールドカップの予選が始まり、目標は海外での試合出場と、馬に優しく接する乗り手の育成だ。「馬への恩返し」と愛馬たちに温かな眼差しを注ぐ。
 

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6件

粟村 俊也さん

青年海外協力隊員としてネパールで森林保全事業に携わる

粟村 俊也さん

3月30日号

佐藤 結香さん

新進のフルート奏者として活動する

佐藤 結香さん

3月23日号

岩崎 久人(ひさと)さん

能・狂言の面(おもて)を40年以上打ち続け、大磯町で個展を開く

岩崎 久人(ひさと)さん

3月16日号

加藤 喜規さん

OISO学び塾で後藤濶について講演した

加藤 喜規さん

3月9日号

三好 祐太さん

二宮町商工会青年部主催のイベント、みかんモザイクアート制作の実行委員長を務めた

三好 祐太さん

3月2日号

枝崎 恵治さん

確定申告期を迎える平塚税務署長

枝崎 恵治さん

2月23日号

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

大磯・二宮・中井版の関連リンク

あっとほーむデスク

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク