大磯・二宮・中井版 掲載号:2014年5月16日号 エリアトップへ

湘南ひらつか七夕まつりの織り姫に選ばれた 臼井 祐子さん 二宮町在住 22歳

掲載号:2014年5月16日号

  • LINE
  • hatena

七夕まつりを世界の人へ

 ○…「とてもワクワクして楽しみ」と、今から七夕が待ち遠しい。正式な織り姫デビューは湘南ひらつか七夕まつりが始まる7月4日。祭りに華を添えるだけでなく、平塚のPR役として一年間様々な公式行事等に参加する。「投票いただいたたくさんの方の期待に応える責任も忘れず、一年間元気にがんばりたい」と、若い瞳は一層輝きを増す。

 ○…織り姫に選ばれたことを誰よりも喜んでくれたのは母親だった。織り姫の前身である「ミス七夕」に憧れていた母親からは「いつか大人になったらコンテストに出てね」と、中学生の頃から言われていたという。それでも二の足を踏んでいたが、大学4年生の今年が「出場できる最後のチャンスかな」と、挑戦を決めた。選考結果の電話が来た時は「今までに聞いたことがないような声で喜んでくれました」と微笑む。

 ○…二宮生まれの二宮育ち。七夕まつりには毎年のように出かけていた。「夜の街がキラキラと輝いて、屋台で楽しんだり美味しいものを買ってもらえたり…。あの非日常感が本当に楽しかった」。子どもの頃に得た感動を、今年は発信する側となる。「留学で学んだ英語をいかして海外の方に七夕まつりの魅力を伝えたい。英語でのスピーチやパンフレット作りにも協力できたら」と、持ち味である積極性をいかんなく発揮する。

 ○…大学では国際経済学科に所属。中学と大学の頃にオーストラリアへ留学し、将来の夢も「海外を舞台に働きたい」と国際派だ。特に大学3年の時に過ごしたメルボルンでの一年間は、自身を大きく変えた。「言うべきことをはっきり言って、考えるよりもまず行動」。もともとアクティブな性格だったが「さらに積極的になりましたね。留学の経験がなかったら、織り姫にも応募していなかったかも」と満面の笑み。「いろいろな日本の良さを、もっと海外に知ってもらいたい」。希望を込めた眼差しは、常に前を見据える。

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6

石野 好胤(よしたね)さん

湘南蘭友会会長、西湘蘭展実行委員会の事務局を務める

石野 好胤(よしたね)さん

小田原市在住 76歳

1月22日号

小澤 敦史さん

大磯・二宮・平塚の若手経済人が集まる平塚青年会議所63代理事長の

小澤 敦史さん

平塚市在住 38歳

1月8日号

瀬戸 淳一さん

中井町など県西2市8町を管内とする小田原小売酒販組合・酒販協同組合の理事長を務める

瀬戸 淳一さん

南足柄市在住 67歳

12月18日号

野谷 富雄さん

原木しいたけの栽培を60年以上続けている

野谷 富雄さん

二宮町山西在住 90歳

12月11日号

木村 代紀さん

大磯の湘南ギャラリーえんで個展を開催する

木村 代紀さん

二宮町在住 77歳

12月4日号

廣木 義浩さん

神奈川県美容業生活衛生同業組合平塚支部の支部長を務める

廣木 義浩さん

HAIRGEMS(大磯)店長 52歳

11月27日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

菜の花 春を先取り

菜の花 春を先取り

二宮町の吾妻山で見ごろ

1月9日~2月7日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク