大磯・二宮・中井版 掲載号:2014年5月23日号 エリアトップへ

大磯混声合唱団の団長を務める 藤田 幸子さん 大磯町在住 

掲載号:2014年5月23日号

  • LINE
  • hatena

「50年100年続く合唱団に」

 ○…設立30周年を迎えた同合唱団の団長を務めて10年。「50年、100年と続けていけるような合唱団になりたい」と、温和な表情で将来像を描く。30周年記念の演奏会は直近の日曜に迫った。特別にソリストとオーケストラを交え、祝いの曲『グロリア』などを歌う予定だ。「皆夢中で練習しています」と、最終調整は順調に進んでいる。

 ○…合唱は大学時代に経験していた。一度は離れたものの、子どもが成長したことをきっかけに「仕事の後で参加できるところがあれば…」と門を叩いた。練習は大磯のふれあい会館で毎週金曜日の午後7時から9時まで。楽団創立以来変わらないという伝統の場所と時間だ。27人の団員は練習の出席率が「毎回ほぼ100%」。音のハーモニーだけではない心地良さが、そこにはあるのだろう。

 ○…大磯で唯一の眼科医院の院長で「町を歩くと知り合いばかり」と笑う。医者になる前は中学や高校で英語教師を務めていた。出産を機に退職したが、「年齢に関係なく人の役に立つ仕事ができるよ」と夫に勧められ、34歳で大学に再度入学。卒業した時は40歳になっていた。「夫をはじめまわりの人たちに支えてもらえたから」と感謝は尽きない。長女は視能訓練士、長男は眼科医、次男は医学生と、子どもは皆自身と近い道を選んだ。「たまたまですけどね。スタッフが意識してしまうので私の院で雇うつもりはありませんけど」とキッパリ言い切るが、「医療関係の道を選んでくれたのは、やっぱり嬉しい」と満面の笑み。

 ○…これからの合唱団の課題として「若い新しいメンバーの獲得」をあげる。「退団する人は本当に少ないですが、それでは毎年高齢化していってしまう」と言葉に力を込める。「記念演奏会では、30代の方が指揮を務める。若い人にも魅力ある演奏ができたら」。30年を振り返り、新たな未来へとつなぐ歌声が湘南に響くのは、もうすぐ。

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6

石野 好胤(よしたね)さん

湘南蘭友会会長、西湘蘭展実行委員会の事務局を務める

石野 好胤(よしたね)さん

小田原市在住 76歳

1月22日号

小澤 敦史さん

大磯・二宮・平塚の若手経済人が集まる平塚青年会議所63代理事長の

小澤 敦史さん

平塚市在住 38歳

1月8日号

瀬戸 淳一さん

中井町など県西2市8町を管内とする小田原小売酒販組合・酒販協同組合の理事長を務める

瀬戸 淳一さん

南足柄市在住 67歳

12月18日号

野谷 富雄さん

原木しいたけの栽培を60年以上続けている

野谷 富雄さん

二宮町山西在住 90歳

12月11日号

木村 代紀さん

大磯の湘南ギャラリーえんで個展を開催する

木村 代紀さん

二宮町在住 77歳

12月4日号

廣木 義浩さん

神奈川県美容業生活衛生同業組合平塚支部の支部長を務める

廣木 義浩さん

HAIRGEMS(大磯)店長 52歳

11月27日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

菜の花 春を先取り

菜の花 春を先取り

二宮町の吾妻山で見ごろ

1月9日~2月7日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク