大磯・二宮・中井版 掲載号:2014年5月30日号 エリアトップへ

NPO法人ソーシャルファーム大磯の理事長を務める 添田 正直さん 大磯町在住 62歳

掲載号:2014年5月30日号

  • LINE
  • hatena

山あり谷ありでも日々充実

 ○…収穫されたばかりのミニトマトが、次々に袋詰めされていく。「うちでは完熟状態になってから収穫しているから、お客さんにも味をほめてもらえる」。はちきれんばかりに膨らんだ真っ赤な果肉を頬張ると、みずみずしさと濃厚な味が口いっぱいに広がる。同法人が大磯町で運営する福祉作業所「はちみつ大磯」では、知的・精神の障害を持つ人約30人が熱心に作業を続ける。日本郵便からの補助を受け、新たにレタスの栽培にも着手。「ルッコラやイチジクのジャム、はちみつなど、一年中仕事が途切れない」と笑う。

 ○…様々な福祉作業所があるなか、農作業で利益をあげている作業所は少ないという。「売上をあげることを『お金儲け』というイメージを持つ人も多いですが、売り上げがあるから利用者さんへもきっちりお給料を出せる」と身を乗り出す。「ただ施設でぶらぶらしているだけではだめ。しっかり仕事をして、お金をもらうことで、社会とつながっていける」とうなずく。

 ○…作物は栽培から収穫まで一貫して行うが、福祉作業所ならではの工夫も。「1つの仕事を3つか4つに分けて、利用者さんの適正に合わせて振り分ける。できたら必ずほめてあげる。仕事をこなして経験をつんで、初めて本人が自信を持てるんです」と力強く語る。

 ○…生まれは大磯。「もともとはサラリーマンだった」が、水耕栽培の独自システムを開発して脱サラ。特許もとったこの装置は、国内各地はもとよりアメリカでも活躍した。自身の会社と福祉事業所で二足のわらじを履いていた頃もあったが、今は会社を清算し福祉事務所一本。「山あり谷あり、きつい時もありました。生き物相手だから毎日仕事でお正月も休めない。でも今の仕事は天職」とキッパリ。「サラリーマンの時は日曜の夜『明日から仕事か』と思ってつらかったけど、今はそんな感覚は無いからね」。満面の笑みから、日々の充実が伝わる。

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6

石野 好胤(よしたね)さん

湘南蘭友会会長、西湘蘭展実行委員会の事務局を務める

石野 好胤(よしたね)さん

小田原市在住 76歳

1月22日号

小澤 敦史さん

大磯・二宮・平塚の若手経済人が集まる平塚青年会議所63代理事長の

小澤 敦史さん

平塚市在住 38歳

1月8日号

瀬戸 淳一さん

中井町など県西2市8町を管内とする小田原小売酒販組合・酒販協同組合の理事長を務める

瀬戸 淳一さん

南足柄市在住 67歳

12月18日号

野谷 富雄さん

原木しいたけの栽培を60年以上続けている

野谷 富雄さん

二宮町山西在住 90歳

12月11日号

木村 代紀さん

大磯の湘南ギャラリーえんで個展を開催する

木村 代紀さん

二宮町在住 77歳

12月4日号

廣木 義浩さん

神奈川県美容業生活衛生同業組合平塚支部の支部長を務める

廣木 義浩さん

HAIRGEMS(大磯)店長 52歳

11月27日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

菜の花 春を先取り

菜の花 春を先取り

二宮町の吾妻山で見ごろ

1月9日~2月7日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク