大磯・二宮・中井版 掲載号:2015年3月20日号 エリアトップへ

お菓子のレシピ本を出版した 宮代 眞弓さん 大磯町生沢在住 52歳

掲載号:2015年3月20日号

  • LINE
  • hatena

”恋するお菓子”いつまでも

 ○…3月14日に著書『バターなしだからすぐできる”大人かわいい”お菓子のレシピ(SBクリエイティブ)』を出版した。自宅でお菓子教室を主宰し、洋菓子研究家として各種メディアでの活動歴も豊富。それらの経験を生かし、自宅で気軽に作成できるお菓子のレシピを1冊の本にまとめた。「ウェブ上で紹介していたレシピが編集者の目に留まり、昨年11月の終わり頃に出版の話がまとまりました。限られた時間の中で75〜100品のレシピを用意しましたので、ほとんど徹夜続きで出版日に間に合わせました」。1品作って写真撮影するために1時間以上を要するお菓子もある中で、1日25品を仕上げたこともあった。「お菓子教室で教わらなくてもきちんと作れる本になっています。著者名は私ですが、助けていただいた多くの方々との合作です」と、周囲への気配りも忘れない。

 ○…大磯生まれの大磯育ち。幼い頃から母親手作りのお菓子が食卓にあり、その背中を追って、中学からは自分でチャレンジすることに。高校時代にはクラス全員分のお菓子を手作りしたこともあったという。現在、神奈川県95団の団委員長を務める母親の影響もあり、小学校高学年からガールスカウトに入団。高校2年の時にはアメリカへ渡り、現地のメンバーと交流を深めるほど本格的に取り組んだ。「バレエや習字、絵画、英会話など多くの習い事をしましたが、最後までやり抜いたのはガールスカウトだけ」と、いたずらっぽい笑顔を浮かべる。

 ○…地元の小学校が総合学習の一環として実施していた「地域のプロに学ぶ」で、お菓子作りの授業を7年間にわたって受け持ったことも。3人の息子にもそのDNAは受け継がれ、現在、高専で学ぶために寮生活を送る3番目の息子が最もお菓子作りが上手だという。ブログ『恋するお菓子』を毎日更新。「70歳になるまで”恋するお菓子”で行きます」と微笑む。

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6

数田 俊樹さん

平塚・大磯・二宮をエリアとする平塚青年会議所(平塚JC)の第62代理事長に就任した

数田 俊樹さん

平塚市在住 37歳

1月24日号

西山 千鶴子さん

「Ocarina なのはな Festival」の実行委員会代表を務める

西山 千鶴子さん

二宮町山西在住 72歳

1月17日号

鈴木 敬太さん

1月1日付であしがらJCの理事長に就任した

鈴木 敬太さん

開成町在住 35歳

1月10日号

金子 航大さん

移動スーパー「とくし丸」を走らせる

金子 航大さん

中井町田中在住 23歳

12月20日号

雑色 吉臣(ぞうしきよしみ)さん

町村監査功労者表彰を受けた

雑色 吉臣(ぞうしきよしみ)さん

中井町雑色在住 69歳

12月13日号

小泉 孝之さん

お囃子の保存や太鼓演奏による健康増進に取り組む

小泉 孝之さん

二宮町二宮在住 80歳

12月6日号

佐藤 安満さん

おおいそ文化祭の運営委員長を務める

佐藤 安満さん

大磯町大磯在住 76歳

11月29日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

日常使える防災術伝授

あんどうりすさん講演

日常使える防災術伝授

1月25日~1月25日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第37回「吉田茂【4】」文・武井久江

    1月24日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク