大磯・二宮・中井版 掲載号:2016年2月26日号 エリアトップへ

ギャラリーさざれ石で絵の個展を開催する 竹村 博三さん(本名 博) 大磯町東小磯在住 89歳

掲載号:2016年2月26日号

  • LINE
  • hatena

夢描く89歳の絵筆

 ○…絵描きになりたかった夢を実現した。松竹映画『惜春』『内海の輪』『藍より青く』『時代屋の女房』などを撮影した元カメラマン。引退後、絵の創作に励んでいる。大磯町にあるギャラリーさざれ石で2月26日から3月1日まで2度目の個展を開く。水彩画を中心に発表。俳優から転身し、木版画・刻画作家として活動する息子の竹村健さんが「人前に出るのが苦手な親父なんです」と寄り添う。その横で「気恥ずかしい」と柔和な顔がはにかんだ。

 ○…1927年生まれ。二十歳の頃、地元に映画の撮影隊が来たことがきっかけで映画制作会社へ手紙を出した。誘いを受け、単身上京。大船撮影所そばの6畳一間に暮らし、カメラ助手に就いた。小津安二郎監督の『麦秋』が入社第1作目となる。白い蔵がぽつんぽつんとある、見渡す限りの麦畑。手前に向かって風が吹いてくるワンカットを撮るために、カメラを載せた車の上で半日以上待ち続けたという。「和気あいあいとした現場で、小津監督は物静かな人でした。一緒に野球もしました」。30代半ば過ぎに『にっぽんぱらだいす』で独り立ち。映画全盛時代の文芸作品に多く携わり、『智恵子抄』で毎日映画コンクール・芸術選奨新人賞を受賞した。

 ○…散歩や買い物に出てよく歩くことを心がけている。見知らぬ土地で一緒になってくれた同郷の妻のために台所にも立つ優しい夫だ。分からない漢字が気になれば、夜中でも起きて辞書で確認するそう。好物は肉。ハンバーグが美味しいお気に入りの店で食事することが楽しみなのだと話す。

 ○…「この世代の人らしく、几帳面で辛抱強い」と健さん。「子どもたちを一人前に育てなければと思ったくらいで、ここまで来られたのは運が良かったから」と、おおらかな人柄がにじむ。本名は博。「出生時に届けたはず」と聞いていた「博三」は創作活動での名前だ。「昔はそんなことがよくあったのでしょう」

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6

三枝(みえだ) 公一さん

一般社団法人いつでもどうぞ代表理事で「よろず無料相談」を行っている

三枝(みえだ) 公一さん

二宮町山西在住 54歳

9月17日号

宮下 啓一さん

湘南二宮竹の会の会長を務める

宮下 啓一さん

二宮町緑が丘在住 73歳

9月3日号

関野 茂司さん

社会福祉法人二宮町社会福祉協議会の会長に就任した

関野 茂司さん

二宮町富士見が丘在住 66歳

8月27日号

石井 努さん

大磯プリンスホテルボウリングセンターのプロボウラー(プロショップVEGA所属)

石井 努さん

横須賀市在住 49歳

8月20日号

堀 江里香さん

大磯出身のハワイ移民・後藤濶に関する著書を出版した

堀 江里香さん

名古屋市在住

8月13日号

簑島 利文さん

6月23日付で平塚歯科医師会の会長に就任した

簑島 利文さん

大磯町国府新宿在住 68歳

8月6日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook