大磯・二宮・中井版 掲載号:2016年7月22日号 エリアトップへ

鴫立庵の施設長を務める 相馬 均さん 大磯町生沢在住 58歳

掲載号:2016年7月22日号

  • LINE
  • hatena

ハートは熱く、謙虚に勉強

 ○…日本三大俳諧道場の一つ大磯町の鴫立庵で7月23日から風鈴祭を開催する。伝統工芸として名高い小田原の鋳物風鈴およそ50個を展示。風鈴には公募した俳句と短歌を書いた短冊を吊るすという。「見て聴いて読んで楽しめるのが鴫立庵流の風鈴祭です」。今年4月から指定管理者制度が導入された鴫立庵で施設の管理・運営にあたる。たたずまいや名前から「たまに蕎麦屋と勘違いして入ってくる人もいます」。作務衣をまとい、接客や掃き掃除、植木の剪定などに動く。

 ○…「鴫立庵には何百年もの歴史があり、先人たちの努力や町民の協力もあって町の宝として受け継がれてきたのだと思う」。にこやかな顔で熱く語る。文化財を守ることと同時に、大磯町の観光発展へ向けた取り組みを進める。入庵者のもてなしに野点傘や赤い毛せんを敷いた腰掛けを庭に設置。町内のパン店と共同でオリジナルあんぱんの販売も始めた。「新しく変えるところ、大切に残すもののバランスを取りながら、いろいろな企画を立てていきたい」と話す。

 ○…平塚市出身。10代から青年団に加わり、盆踊りや子どもの日の餅つき行事、体育振興、カーブミラー清掃などの地域活動に携わった。郵便局で働き、33歳の時に「生まれ育った所へ恩返しがしたい」と思い立つ。郵便局がなかった地元にそれを作る目標を44歳で実現。平塚の吉沢局長を務めた。「近辺に城があったという話を祖父から聞いていて、郵便局の外観には城の白壁や石垣の趣を取り入れました」。縁を築いた地域に対する愛着は強い。

 ○…5年前に早期退職。「これじゃあいけない。自分の知らないこと、できないことが沢山あると気付いた」。万年筆の製造や大学の用務員など数々の仕事を経験。鴫立庵のスタッフ募集を知り、指定管理者の企業に「就活」した。「いいおじいちゃんになりたいですから」。チャレンジ精神旺盛に人生勉強を続ける。

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6

西山 千鶴子さん

「Ocarina なのはな Festival」の実行委員会代表を務める

西山 千鶴子さん

二宮町山西在住 72歳

1月17日号

鈴木 敬太さん

1月1日付であしがらJCの理事長に就任した

鈴木 敬太さん

開成町在住 35歳

1月10日号

金子 航大さん

移動スーパー「とくし丸」を走らせる

金子 航大さん

中井町田中在住 23歳

12月20日号

雑色 吉臣(ぞうしきよしみ)さん

町村監査功労者表彰を受けた

雑色 吉臣(ぞうしきよしみ)さん

中井町雑色在住 69歳

12月13日号

小泉 孝之さん

お囃子の保存や太鼓演奏による健康増進に取り組む

小泉 孝之さん

二宮町二宮在住 80歳

12月6日号

佐藤 安満さん

おおいそ文化祭の運営委員長を務める

佐藤 安満さん

大磯町大磯在住 76歳

11月29日号

平井 英雄さん

伊勢神宮初穂奉献と奉祝神輿渡御を行った、川勾神社神輿保存会の会長を務める

平井 英雄さん

二宮町山西在住 62歳

11月22日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

日常使える防災術伝授

あんどうりすさん講演

日常使える防災術伝授

1月25日~1月25日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第36回「吉田茂【3】」文・武井久江

    1月10日号

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第35回「吉田茂【2】」文・武井久江

    12月13日号

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第34回「吉田茂【1】」文・武井久江

    11月22日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク