大磯・二宮・中井版 掲載号:2016年9月16日号 エリアトップへ

創業50周年を迎えた株式会社カトーの代表取締役会長を務める 加藤 和男さん 中井町遠藤在住 69歳

掲載号:2016年9月16日号

  • LINE
  • hatena

「顧客第一」貫いた半世紀

 ○…社屋の屋上看板に掲げる「スーパーディーラーKATO」というキャッチーな社名は、中井町民にとってすっかりなじみ深い存在になった。創業から半世紀を迎え「お客さんと従業員のおかげで今がある」と、会社の成長を支えた2つの財産に感謝する。

 〇…4人兄妹の次男として生まれ、15歳で秦野市の自動車整備工場に勤務。「残業が続き、心配したおふくろが毎日のように迎えに来てくれた。寡黙だった親父の一言にも、何度勇気づけられたことか。面と向かってありがとうなんて言ったことはないけれど、両親に恩返しがしたい一心だった」。東京五輪のほとぼり冷めやらぬ昭和41年、17歳のときに弟などと従業員3人で念願の起業を果たす。時はまさにモータリゼーションの夜明け前。夢への一歩を踏み出すには、この上ない潮目だった。

 〇…金策のために銀行を回る際は、油まみれの手を石鹸で何度も洗い、真新しいつなぎに着替えて臨んだ。「でも、20歳そこそこの若造なんて相手にしてくれなくてね」。会社経営の厳しさには幾度となく直面したが、それでも貫いたのは顧客第一主義。愚直なまでに地域に根を下ろした商売が、今日にわたる数世代の付き合いを生んだ。

 〇…車屋一筋から多角化を進め、現在は不動産や運送、システム開発なども手掛ける。なかでも、太陽光発電による売電事業を新しい収益の柱と位置付ける。「とにかくじっとしていられない性格」を武器に、100年企業に向けて選択と集中の経営手腕を振るう。

 〇…「K」をあしらった会社のロゴには強い思い入れがある。「縦の棒が親父、『く』の部分が3本のストライプになっているのは、兄貴と私、弟の絆を表しているんです」。このストライプが、今年からもう1本増えた。「4本目は、共に会社で働くことになった娘のお婿さん。会社は家族のようなもの、そんな思いを込めたロゴですから」

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6

浅田 順子さん

『WoodPhoto』などの木工作品を手掛ける

浅田 順子さん

大磯町大磯在住 40歳

7月1日号

藤井 香大(きょうた)さん

神奈川県宅地建物取引業協会小田原支部長に就任した

藤井 香大(きょうた)さん

小田原市在住 51歳

6月24日号

秦野 寛さん

摘出医、移植医として「湘南アイバンク」の活動に協力する

秦野 寛さん

大磯町在住 73歳

6月17日号

森山 智美さん

ドキュメンタリー映画「大地の再生の詩」上映会の実行委員長を務める

森山 智美さん

二宮町中里在住 36歳

6月10日号

倉橋 光男さん

足柄交通安全協会の会長に就任した

倉橋 光男さん

中井町在住 69歳

6月3日号

高岡 俊之さん

4月に神奈川県弁護士会会長に就任した

高岡 俊之さん

横浜市在住 60歳

5月27日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook