大磯・二宮・中井版 掲載号:2017年1月27日号 エリアトップへ

交通栄誉章「緑十字金章」を受章した 山口 武夫さん 大磯町国府本郷在住 73歳

掲載号:2017年1月27日号

  • LINE
  • hatena

地域の交通安全に献身

 ○…多年にわたる交通安全運動の功績が認められ、交通栄誉章の最高位にあたる緑十字金章を受けた。中郡での金章受章者は3人目で、「地域の皆さんのおかげ」と達成感をかみしめる。20日の表彰式では、活動を支え続けた妻にも感謝状が贈られた。「家族の存在がなければ、これほど長く続けられなかった」と、内助の功に感謝しながら喜びを分かち合った。

 〇…28歳で大磯地区交通安全協会に入会し、交通指導員として交通マナーの啓発に努めた。歩行者信号の遵守を呼びかけたところ、『おかげでバスに乗り遅れた』と怒られたこともある。国道1号線の切通橋交差点では、大磯小学校児童の登校を見守り続けた。あるとき、一緒に指導を行う教職員に「最近の子どもたちは信号は守ってくれるんだけど、あいさつがね」とこぼしたことがある。するとそれ以来、児童から元気の良いあいさつが返ってくるようになったという。「先生が教えてくれたんでしょう。嬉しかったですね」

 〇…15歳のころから自動車整備工場で働き始め、22歳で自社工場を構えた。30歳を前にして、旧吉田茂邸の斜め向かいに移転。設立から50年以上、地域の自動車工場として顧客第一主義を貫く。子どもは娘2人で跡継ぎはいないが「仕事もボランティアも、楽しむことが何より大切ですよ」がモットー。暇さえあれば仲間と温泉に浸かり、日ごろの疲れを洗い流すのが楽しみだ。

 〇…近年は交通指導員の担い手が減り、高齢化も進む。「暑い日も寒い日も続けなきゃいけない大変な活動ですからね。でも、地域の交通安全のためにはなくてはならない存在」と力を込める。指導員の定年である70歳を超えて協会理事に就任した今も、街頭指導の手伝いを行う。「7月は町内の祭りが目白押し。神輿には指導員がつきものだから、毎年忙しいんです」。町民の安全を願い、背筋を伸ばして路上に立つ。

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6

栗山 雄揮さん

平塚市博物館の館長に就任した

栗山 雄揮さん

二宮町在住 59歳

5月15日号

日原 修さん

大磯警察署長に就任した

日原 修さん

大磯町在住 58歳

5月1日号

齊藤 廣昭さん

「大磯小桜」を育成し、さくら功労者に選ばれた

齊藤 廣昭さん

大磯町国府新宿在住 84歳

4月24日号

きばやしさん

3月31日にCDデビューと記念ライブを開く

きばやしさん

大磯町出身 19歳

3月27日号

塚本 昭子さん

大磯のギャラリーでとんぼ玉の作品展を開いた

塚本 昭子さん

横浜市在住

3月20日号

宮前 礼子さん

「伝筆(つてふで)」の楽しさを発信・普及している

宮前 礼子さん

平塚市在住 

3月13日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第45回「吉田茂【12】」文・武井久江

    5月29日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク