大磯・二宮・中井版 掲載号:2017年4月21日号
  • LINE
  • hatena

「谷戸川渓谷をきれいにする会」の会長を務める 渡辺 道子さん 大磯町西小磯在住 59歳

谷戸川の清流 後世に

 ○…大磯の生沢駐在所から、自動車1台がやっと通れる山間道を黒岩方面に進むと聞こえてくる、野鳥のさえずりと清涼感ある水のせせらぎ。民家も途絶えた緑深い渓谷の先に、活動のフィールドがある。不動川に注ぐ支流の谷戸川で、「自分たちでできる範囲」と決めて月に2回、ごみ拾いや間伐などの環境整備を続ける。

 〇…初めて谷戸川を訪れたのは4・5年前。「崖のような壁の間を川が流れる姿に、ここが大磯とは思えない深山幽谷の雰囲気を感じました」。しかし眼下の清流とは裏腹に、倒竹と不法投棄の粗大ごみが渓谷を覆い隠すように折り重なり、せっかくの景観は台無しだった。「この川は大磯の財産になる。じゃあ、私たちの手できれいにしよう」と思い立ち、有志3人で会を結成。ハイキングやサイクリングロード、自然観察の場として親しんでもらおうと、慣れない河川整備のボランティアが始まった。

 〇…自動車のドアやタイヤ、ワープロなど、これまでに回収したごみは目を疑うようなものばかり。竹の伐採ものこぎりで行うなど一苦労だが、「好きでやっていることだから楽しくて楽しくて。ぜいたくな大人の遊び場を与えてもらった感覚です」とにこやかに笑い飛ばす。会を運営するうえで行政の協力にも助けられているといい、「不満や文句を言うよりも、まずは提案。住民が率先して動き出せば、町も動いてくれると知りました」。実践こそが、問題解決の端緒だ。

 〇…17年前から大磯に住み、夫と3人の子どもと共にランニングを愛するスポーツ一家。海岸近くに暮らす縁から地引網グループ「台舟」のメンバーにも加わり、世代を超えた早朝の交流で心地よい汗を流す。「歩けば歩くほど、素敵な出会いがある。それが大磯の面白さです」。南に目を向ければ紺碧の海が広がり、内陸にはなだらかな丘陵が続く。地元の自然を、全身で受け止める。

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6件

原 新平さん

入門講座などを通じて地域に川柳の魅力を広める

原 新平さん

2月15日号

森 英夫さん

二宮町教育長を務める

森 英夫さん

2月8日号

山口 剛さん

第7回西湘地区三十路式の実行委員長を務める

山口 剛さん

2月1日号

常盤 健嗣 さん

平塚青年会議所(平塚JC)の第61代理事長に就任した

常盤 健嗣 さん

1月25日号

三原 一晃さん

横浜DeNAベイスターズの球団代表でチーム編成の最高責任者として舵を取る

三原 一晃さん

1月18日号

諸遊 耕史さん

二宮町で初の「第九」公演を指揮する

諸遊 耕史さん

1月11日号

(公社)神奈川県薬剤師会

2/15(金)「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/002-activity/21511/

<PR>

大磯・二宮・中井版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第16回「西園寺公望【3】」文・武井久江

    2月8日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク