大磯・二宮・中井版 掲載号:2017年5月12日号
  • googleplus
  • LINE

コミュニティーFM「湘南マジックウェイブ」の運営スタッフとして活動する 桑原 翔さん 文教大学3年 20歳

地域を伝えるラジオ局に

 ○…「それぞれが興味を持っていることを番組として形にし、リスナーに届ける。少し変でもいいから、学生ならではの視点を大切にしたラジオ局にしたい」。4月に開局した学生主体のコミュニティーFM「湘南マジックウェイブ」(85・6MHz)の中心メンバーとして運営に参加し、大磯と二宮、中井の3町に地域密着の情報や音楽を届けている。

 〇…ラジオには、文教や東海、関東学院、慶応、フェリス女学院などの大学生、地域住民など総勢50人近いボランティアが携わる。開局までは企画の構想をまとめるため、学生同士で夜遅くまで議論を重ねたことも。「授業やアルバイトなどで予定が合わないことが多くて」と苦労もあったが、「中高生が聴いても面白いラジオ」を目指し、学生らしいアイデアを生かした番組が次々と生まれた。

 〇…父親の影響もあり、中学生のころから自宅でFMラジオを愛聴していた。「音楽のリクエストや一言ネタの投稿など、テレビと違って番組に参加しているという感覚が面白くて。初めてメールが読まれたときは本当に嬉しかった」と振り返る。ラジオ関係の仕事に就くという目標もでき、文教大学に進学後は放送部に所属。藤沢市のレディオ湘南では放送部として2時間番組を持つなど、地域のコミュニティーFMとは切っても切れない間柄だ。

 〇…4月23日の開局日は、9時間の生放送中にエリア内のガソリンスタンドを訪問し、ラジオの周波数を切り替えてもらう「ラジオジャック」を敢行するなど、存在感たっぷりに奔走した。ロック音楽の紹介や地域の芸術イベントの特集など、自身が携わる番組を通したリスナーとのキャッチボールが楽しみだ。「このラジオを始めるまで、3町のことは何も知らなかったけれど、それぞれが独自の雰囲気を持っていて、ディープな世界をもっと知りたい」と、好奇心を武器にラジオ局の「顔」を目指す。

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6件

室伏 正昭さん

2017年度の神奈川県体育功労者表彰を受けた

室伏 正昭さん

2月16日号

大日方(おびなた) 邦子さん

平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

2月9日号

竹岡 健輔さん

多摩美術大学の学生で初の個展を開く

竹岡 健輔さん

2月2日号

多田 靖幸さん

ラディアンで写真展を開くシャッタークラブの会長を務める

多田 靖幸さん

1月26日号

関口 雄一さん

平塚青年会議所(平塚JC)の第60代理事長に就任した

関口 雄一さん

1月19日号

朝日山 一男さん

鍼灸マッサージ師としてアスリートのサポートや介護予防、災害対策に取り組む

朝日山 一男さん

1月12日号

大磯・二宮・中井版の関連リンク

あっとほーむデスク

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

個性豊かな猫が集合

個性豊かな猫が集合

大磯 作家22人の作品展

2月17日~2月25日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク