大磯・二宮・中井版 掲載号:2018年2月16日号 エリアトップへ

2017年度の神奈川県体育功労者表彰を受けた 室伏 正昭さん 二宮町山西在住 67歳

掲載号:2018年2月16日号

  • LINE
  • hatena

悩むより自ら考え行動

 ○…二宮町体育協会の理事、副会長を経て、昨年3月まで会長を4年間務めた。全町をあげた町民体育祭の運営をはじめ、各競技団体との連携を強化しながら地域の体育・スポーツ振興に尽力。先月、体育功労者として県から表彰された。少子高齢化で行事の参加者集めが難しくなるといった時代の風潮に合わせ、体育祭のリレーでは年齢区分を変えて事業を継続。「子どもたちや学校の先生が活躍する種目は、選手も応援も最高に盛り上がります」と快活な笑顔で語る。現在は同協会の顧問。

 ○…幅広い世代が様々なスポーツに親しみ、健康づくりを図るきっかけを作ろうと、各種競技の体験や体力測定ができるイベントを一昨年から始めた。「スポーツをしている人は血管年齢も若い」と運動の効用を説く。静岡県小山町出身。勤め先でバドミントンクラブに所属し、大会が近づくと練習熱をさらに高めて汗を流した。転勤に伴い二宮町へ移り住み、地域のクラブに飛び込んだ。町バドミントン協会理事で、ジュニアの指導など同競技の普及と発展にも努める。

 ○…2年半前、たばこも吸わない身体に定期検査で肺がんが見つかった。「もう読むことはないだろう」と蔵書を片付け、パソコンも処分した。しかし、病との闘いを諦めた訳ではなかった。手術前日まで仕事をし、術後ひと月を待たずに職場復帰。「家にこもっていては気が滅入ってしまいますから」。風を切って走っていたオートバイを四輪車に乗り換えて行動する。

 ○…「起きたことを悔やむより問題の解決に頭を使え」。会社員時代、トラブルが生じたと頭を抱えてくる部下にそう諭したという。体調に細心の注意を払いながら、「今までと同じようにスポーツとボランティアを続けていきます」と前を見据える。昨年4月から地区社協の手伝いも活動の一つに加わった。何度も登頂した富士山に3人の孫を連れて登ることが夢だ。

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6

山中 紀幸さん

大磯きこりラボラトリーの代表を務める

山中 紀幸さん

大磯町大磯在住 44歳

6月18日号

黒澤 保さん

平塚理容組合の支部長を務める

黒澤 保さん

平塚市在住 55歳

6月11日号

山崎 貴裕さん

東京2020オリンピック聖火リレーのランナーを務める

山崎 貴裕さん

二宮町中里在住 25歳

6月4日号

久保 徹さん

平塚市・秦野市・伊勢原市・大磯町・二宮町を所管する県平塚土木事務所の所長に就任した

久保 徹さん

平塚市出身 59歳

5月28日号

後藤 恵一さん

聖火リレーのランナーとして大磯区間を走る

後藤 恵一さん

大磯町国府新宿在住 62歳

5月21日号

竹村 洋治郎さん

4月1日付で湘南地域県政総合センターの所長に就任した

竹村 洋治郎さん

58歳

5月14日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

大磯のアオバト描く

大磯のアオバト描く

日本画家・前田さん個展

6月11日~7月5日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter