大磯・二宮・中井版 掲載号:2018年3月16日号 エリアトップへ

能・狂言の面(おもて)を40年以上打ち続け、大磯町で個展を開く 岩崎 久人(ひさと)さん 横浜市在住 72歳

掲載号:2018年3月16日号

  • LINE
  • hatena

能を知り、舞い、面を打つ

 ○…木彫教室で「能面らしき物」を作って展示したときのこと。「(制作者の)岩崎って誰だ」と尋ねる人物に会場近くの百貨店の美術品売り場へ連れて行かれると、能面があった。「45万円位で売っていて、これなら楽勝だ。自分もできる。そう思ったのが、そもそもの間違いだった」と含み笑いを浮かべる。

 ○…能面と言わず、能の面(おもて)。面打ちと称し、30歳手前から打ち続けた面は200以上。200数十番あるといわれる能の現行曲の多くでそれらの面が使われている。大磯町のギャラリーさざれ石で3月23日(金)から4月3日(火)まで個展を開催。翁や若女、孫次郎、般若、創作面の業平、大日如来の木彫、梵字の書などを展示する予定だ。

 ○…大分県出身。父は鍛冶。子ども時代は小刀を器用に扱い、チャンバラの木刀や竹トンボをこしらえた。「遊び道具を自分で作るしかなかったからね」。宝飾品の土台となる金属の飾りを作る仕事に就き、独立。晩酌をしながらテレビで薪能のニュースを見て、女面にひかれた。買うと高いから、自分で作る。電話帳で木彫教室を探し、彫刻家の望月秀晃さんの下へ。仏像や欄間などを専門にしていた師からは「自由にやれ」。独学で能面を打ち、デパートの能面に触発された「間違い」から研鑚が始まった。

 ○…「謡や仕舞の一つでも覚えたら」と勧められ、金春流シテ方の守屋与四巳さんに入門。舞う側にも立ち、「評論家よりも能を深く観ている」といわれるほど、多い時には年120番位を鑑賞した。1975年、「葵上」の公演で初めて自作の面が使われた時の感激は今でもよく覚えているという。「自分が打った面で能を観られるなんて、こんな贅沢なことはないよ」

 ○…自ら面を付け、能楽堂で「羽衣」「弱法師」「角田川」を舞ったこともある。面打ちとしては稀有な存在だ。古希を越えてなお、追い求める品と位を面に注ぎ込む。横浜で面の会主宰。

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6

府川 龍三さん

シェアキッチンを通じて、地域コミュニティの醸成に取り組む

府川 龍三さん

大磯町在住 41歳

10月15日号

藤井 兼弘さん

大磯で5年ぶりに油彩画の個展を開く

藤井 兼弘さん

大磯町国府本郷在住 84歳

10月8日号

仲手川 茂さん

国土交通大臣表彰を受賞した「湘南の森」の会長を務める

仲手川 茂さん

大磯町高麗在住 73歳

10月1日号

三枝(みえだ) 公一さん

一般社団法人いつでもどうぞ代表理事で「よろず無料相談」を行っている

三枝(みえだ) 公一さん

二宮町山西在住 54歳

9月17日号

宮下 啓一さん

湘南二宮竹の会の会長を務める

宮下 啓一さん

二宮町緑が丘在住 73歳

9月3日号

関野 茂司さん

社会福祉法人二宮町社会福祉協議会の会長に就任した

関野 茂司さん

二宮町富士見が丘在住 66歳

8月27日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 日本を前に進める

    特別対談

    日本を前に進める

    河野太郎 前ワクチン接種担当・規制改革相×牧島かれん デジタル相

    10月15日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook