大磯・二宮・中井版 掲載号:2019年4月19日号 エリアトップへ

二宮町移住8年を記念して初の個展を開く 阪上 正信さん 二宮町百合が丘在住 69歳

掲載号:2019年4月19日号

  • LINE
  • hatena

創作は育児とともに

 ○…「のぶさん」の画名で活動する画家。二宮町への移住8年を記念した個展を5月にラディアンで開催する。展示作品は無数の丸で構成される抽象画「○(まる)シリーズ」。「何も語らないし音も出ないが、見た人に影響を与えるのが絵の持つ力。自由にイメージを膨らませてほしい」と思いを語る。

 ○…兵庫県出身。絵を描くことは子どもの頃から得意だった。セールスマンやウェイター、温浴施設のマネージャーなど、様々な業種で働いて絵の具代を稼ぎながら、堺市に借りたアトリエで絵を描き続けた。その経験を元に描いたサラリーマンの哀愁をデフォルメした作品が評価され、初の個展を開くと取材が殺到。41歳で画壇デビューを果たした。山をテーマにした際は「実際に登らなければわからない」と低山から訓練を始め、ついには冬の北アルプスに挑むほどのめり込んだ。50代から抽象画に目覚め「○シリーズ」にたどり着く。カウンセリングやヒーリングも学び、東日本大震災の際には妻や仲間とボランティアチームを結成して被災地へ。その時に見た惨状を「忘れない、風化させないため」に描いた作品もある。

 ○…8年前に二宮へ移住し、娘が生まれたことで「生活が一変した」。勤務医の妻と家事を分担し、自身は送迎や買い物、料理、お弁当作りなどを担当。画材を速乾性の高い物に変え、仕事も子どもを送り出した後にするなど「娘中心の生活」に。ママ友もできた。「子育てにはものすごいパワーがいる。世のママたちは本当に偉い」としみじみ。

 ○…正月に家族で登る吾妻山や趣味の釣りを楽しむ梅沢海岸など「住めば住むほど良い所」と二宮の生活を満喫している。夫婦の趣味はゴルフ。「いつか娘と3人でラウンドするのが夢」と今からその時を楽しみにしている。

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6

加藤 泰広さん

制作活動の集大成として絵画と陶芸の作品展を開く

加藤 泰広さん

大磯町東小磯在住 76歳

11月8日号

竹原 成実さん

200回を迎える二宮ラディアン花の丘公園みんなの朝市の事務局を担当する

竹原 成実さん

二宮町富士見が丘在住 58歳

11月1日号

横井 文夫さん

詩吟の全国大会(高年の部)で優勝した

横井 文夫さん

大磯町西小磯在住 76歳

10月25日号

清洲家 はく水さん

二宮のカフェバーで開催される落語会に出演する

清洲家 はく水さん

(本名 佐藤一新)二宮町在住 60歳

10月18日号

境 隆志さん

神奈川県行政書士会小田原支部の支部長に就任した

境 隆志さん

開成町在住 68歳

10月11日号

南田 昌康さん

大磯で初の個展を開く

南田 昌康さん

大磯町大磯在住 83歳

10月4日号

大谷 弘道さん

NPO法人大磯ガイド協会の会長を務める

大谷 弘道さん

大磯町生沢在住 76歳

9月27日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第33回「原敬【8】」文・武井久江

    11月8日号

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第32回「原敬【7】」文・武井久江

    10月25日号

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第31回「原敬【6】」文・武井久江

    10月11日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月8日号

お問い合わせ

外部リンク