大磯・二宮・中井版 掲載号:2019年5月1日号 エリアトップへ

ラフティング世界大会に出場するチーム・テイケイで監督を務める 浅野 重人さん 大磯町高麗在住 45歳

掲載号:2019年5月1日号

  • LINE
  • hatena

世界に挑み続けるパイオニア

 ○…8年ぶりの優勝を目指し世界大会に挑むラフティングチームの監督。自身も世界25カ国以上の激流に挑んできた、日本での草分け的存在だ。「大会の行われるオーストラリアは自分の原点でもある。この大会で世界一を奪還して、再び日本に競技の魅力を伝えたい」と率いるチームに夢を託す。

 ○…両親の海外赴任先だった南アフリカ共和国で生まれ、2歳から横浜で育つ。高校の短期留学で訪れたカナダの大自然に心を奪われ、昼夜のアルバイトで資金を貯めて卒業後にオーストラリアへ。何気なく参加したラフティングツアーでボートが転覆し、急流に投げ出された際に「自然の中では絶対の安全などない」と生を強く実感した。衝撃の経験から川下りの魅力に目覚め、そのまま現地でインストラクターを務めるほどのめり込んだ。

 ○…帰国後、仲間とチームを結成して世界大会に挑むも惨敗。世界との差を痛感し、活動に専念できる環境が必要とスポンサーを探した。2002年にテイケイ株式会社と契約しプロチームを結成したが、チームがまとまらず解散の危機に。テイケイ会長から「もう一度やってみろ」とチャンスをもらったことで「スイッチが入った」。一から選手を集め直し、他競技の指導者に教えを乞うてチームビルディングやリーダーシップを学んだ。監督就任後も自ら雑用を引き受けるなど選手と信頼関係を築き、目標の共有などチームワークに重点を置いたチーム作りで再び世界に挑み、10年と11年に連覇を成し遂げた。

 ○…一時監督を引退していた時期は、自然体験教室や講演活動などを行っていた。「自然の中でゆっくりと過ごすと文明の発達と引き換えに人が失った力を取り戻せる。忙しい世の中を生きる現代人に、その大切さを伝えたい」と思いを語った。

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6

雑色 吉臣(ぞうしきよしみ)さん

町村監査功労者表彰を受けた

雑色 吉臣(ぞうしきよしみ)さん

中井町雑色在住 69歳

12月13日号

小泉 孝之さん

お囃子の保存や太鼓演奏による健康増進に取り組む

小泉 孝之さん

二宮町二宮在住 80歳

12月6日号

佐藤 安満さん

おおいそ文化祭の運営委員長を務める

佐藤 安満さん

大磯町大磯在住 76歳

11月29日号

平井 英雄さん

伊勢神宮初穂奉献と奉祝神輿渡御を行った、川勾神社神輿保存会の会長を務める

平井 英雄さん

二宮町山西在住 62歳

11月22日号

鈴木 慎一郎さん

東京地方税理士会平塚支部で支部長を務める

鈴木 慎一郎さん

大磯町在住 57歳

11月15日号

加藤 泰広さん

制作活動の集大成として絵画と陶芸の作品展を開く

加藤 泰広さん

大磯町東小磯在住 76歳

11月8日号

竹原 成実さん

200回を迎える二宮ラディアン花の丘公園みんなの朝市の事務局を担当する

竹原 成実さん

二宮町富士見が丘在住 58歳

11月1日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

人形の世界へ案内

東野チヨ子さん作品展

人形の世界へ案内

12月13日~12月24日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第35回「吉田茂【2】」文・武井久江

    12月13日号

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第34回「吉田茂【1】」文・武井久江

    11月22日号

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第33回「原敬【8】」文・武井久江

    11月8日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク