大磯・二宮・中井版 掲載号:2019年7月19日号 エリアトップへ

日本の風景を求めて油彩画を描く 渡辺 弘文さん 大磯町西小磯在住 83歳

掲載号:2019年7月19日号

  • LINE
  • hatena

風景と会話する「無名画家」

 ○…長い画歴のなかで地元では初めての個展。「水辺の情景」をテーマに千曲川や裏磐梯の中瀬沼、蓼科湖、白馬の高原水田などを描いた油彩作品15点を元麻布ギャラリー平塚で7月21日まで展示中だ。日本画を思わせる淡い色調の風景絵画からは、静寂さや澄んだ空気感が伝わってくる。「夏場なので、山水と湖沼、水田のシリーズを集めました。清々しさや郷愁を感じてもらえたら」。師を持たず、「無所属・無名の画家」と自称する。

 ○…昭和11年、東京生まれ。小学校低学年のころ、教師から勧められて黒板に軍艦や大砲の絵を描くとほめられた。実家は横浜で染色業を営み、「空襲で反物などがすべて焼けてしまい廃業。父は、残った布の切れ端を染めて売ったり、進駐軍の食堂で働いたりした」と戦争の記憶を語る。

 ○…日産自動車でデザイン設計に携わる。1967年、初の外国旅行へ。レンタカーでヨーロッパを1カ月かけて回りながら風景をスケッチした。「仕事用の頭をクリアに切り替えるには、絵を描くことがうってつけだった」。定年退職後、「日本の自然の風景が肌に合っているようだ」と国内各地を取材旅行。箱根や乗鞍、戸隠、妙高、秋田の鳥海山などの風景を春夏秋冬とともに描き続ける。華道遠州流の宗家の次男に生まれたDNAがそうさせるのだという。

 ○…「絵は旅を豊かにしてくれる。絵に描いた風景は忘れない」と、椅子から身を乗り出す。自然の息づかいを感じる風景と出会い、会話していいなと思った瞬間を絵にするのが渡辺流。ボランティアで指導する地元の絵画サークルでも「対象をよく見て感じたものを素直に描こう」と伝える。箱根風景画展最優秀賞、平塚市美術展など入選。画集に『無名な画家の旅 100選』がある。

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6

栗山 雄揮さん

平塚市博物館の館長に就任した

栗山 雄揮さん

二宮町在住 59歳

5月15日号

日原 修さん

大磯警察署長に就任した

日原 修さん

大磯町在住 58歳

5月1日号

齊藤 廣昭さん

「大磯小桜」を育成し、さくら功労者に選ばれた

齊藤 廣昭さん

大磯町国府新宿在住 84歳

4月24日号

きばやしさん

3月31日にCDデビューと記念ライブを開く

きばやしさん

大磯町出身 19歳

3月27日号

塚本 昭子さん

大磯のギャラリーでとんぼ玉の作品展を開いた

塚本 昭子さん

横浜市在住

3月20日号

宮前 礼子さん

「伝筆(つてふで)」の楽しさを発信・普及している

宮前 礼子さん

平塚市在住 

3月13日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第44回「吉田茂【11】」文・武井久江

    5月15日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月22日号

お問い合わせ

外部リンク