大磯・二宮・中井版 掲載号:2019年9月13日号 エリアトップへ

大磯で捕獲鳥獣の利活用ワークショップを開催した 武藤 稔さん 小田原市在住 26歳

掲載号:2019年9月13日号

  • LINE
  • hatena

ジビエ事業化 地域と共に

 ○…捕獲鳥獣の解体を通じてジビエなどの利活用を考えるワークショップのコーディネーターを務めた。「初めての試みだったが、参加者がとても熱心で協力的だった。喜んでもらえたこと、仲間を増やせたことが嬉しい」と手応えを感じている。「今後は収益化や定期化を図り、地域貢献や産業の創出につなげたい」と次の目標を掲げた。

 ○…千葉県出身。「みんなに付いていくだけでは面白くない」と自ら遊びの計画を立てることが好きな子どもだった。アウトドア好きの父の影響でバーベキューにハマり、京都大学時代は仲間を誘って、よく鴨川の上流でバーベキュー大会を開いた。在学中から起業を志していたが、方向性が定まらず保留。卒業後、都内のカード会社に勤める。

 ○…昨年の夏、偶然目にした記事で、捕獲鳥獣がほとんど活用されていない現状を知り衝撃を受けた。「人の都合で駆除しているのだから、せめて有効活用するべき」。一方でボランティアでは続かないとも考え「サラリーマンの自分なら、活動を継続できる仕組みづくりが提案できるのでは」と思い立った。すぐに狩猟免許の勉強を始め、仲間づくりのため試験会場にいた受験者に「片っ端から」声をかけた。狩猟関係のイベントにも参加し、主催者に自ら考案したビジネスモデルをプレゼンテーション。熱意が伝わり、人づてで大磯の事業者とつながった。

 ○…夢を追うために品川から小田原へ移住した。始発電車で通勤する日々を「落ち着いたらサーフィンやバレーボールをしたい」と前向きに楽しむ。「捕獲鳥獣を地域資源として活用する『大磯モデル』を作り、全国に広げたい。自分一人の力ではできないので、これから多くの人とつながって一緒に挑戦していければ」と目を輝かせ思いを語った。

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6

清洲家 はく水さん

二宮のカフェバーで開催される落語会に出演する

清洲家 はく水さん

(本名 佐藤一新)二宮町在住 60歳

10月18日号

境 隆志さん

神奈川県行政書士会小田原支部の支部長に就任した

境 隆志さん

開成町在住 68歳

10月11日号

南田 昌康さん

大磯で初の個展を開く

南田 昌康さん

大磯町大磯在住 83歳

10月4日号

大谷 弘道さん

NPO法人大磯ガイド協会の会長を務める

大谷 弘道さん

大磯町生沢在住 76歳

9月27日号

本井 英さん

鴫立庵の第二十三世庵主に就任した

本井 英さん

逗子市在住 74歳

9月20日号

原田 啓治さん

中井町交通指導隊の隊長として交通安全の普及に努める

原田 啓治さん

中井町雑色在住 63歳

9月6日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

物産店や芸能、フリマなど

物産店や芸能、フリマなど

20日に美・緑なかいフェス

10月20日~10月20日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第31回「原敬【6】」文・武井久江

    10月11日号

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第30回「原敬【5】」文・武井久江

    9月27日号

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第29回「原敬【4】」文・武井久江

    9月13日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク